自転車の処分方法を知りたい! 簡単&安全に廃棄するコツを伝授!


「自転車を処分したいけど、なるべく簡単で安く済む方法を知りたい」とお考えではありませんか? 買い替えや故障で不要になった自転車を処分したくても、ゴミに出すことができるのか、どこにどんな方法で依頼していいのかなど悩んでしまいますよね。それに、防犯登録はどうするべきかも気になるところでしょう。

そこで今回は、自転車の処分について詳しく解説します。

  1. 自転車を捨てるときは防犯登録を抹消する
  2. 自治体回収で自転車を処分する方法
  3. 販売店の下取り・引き取りを利用する方法
  4. 自転車をリサイクルする方法
  5. 自転車の処分を不用品回収業者に依頼する方法
  6. 自転車の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自転車を処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.自転車を捨てるときは防犯登録を抹消する

自転車を捨てるときは、防犯登録を抹消しておきましょう。

1-1.自転車の防犯登録とは?

自転車の防犯登録とは、自転車の所有者であることを警察に登録する手続きのことです。自転車の防犯登録は新車・中古車共に必要で、以下のようなメリットがあります。

  • 自転車が自分のものであることを証明できる
  • 自転車の盗難防止と盗難被害時の早期発見に役立つ

なお、自転車の販売店で自転車を購入した場合は、その場で防犯登録を同時に申請することができます。通信販売などで手に入れた場合は、後日手続きしてください。登録費用は、1台に付き数百円程度です。

1-2.処分するときには抹消手続きが必要

自転車を処分するときには、防犯登録の抹消手続きが必要です。抹消手続きを行わずに処分した場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 犯罪などに使われた場合に、自転車の持ち主として容疑がかけられる
  • 氏名・住所などの個人情報が流出し、悪用される恐れがある
  • 次に使う人が改めて防犯登録できない

自転車の処分と防犯登録の抹消手続きは、セットで行いましょう。

1-3.抹消手続きに必要なものや書類は?

自転車の抹消手続きに必要なものや書類は、以下を参考にしてください。

  • 運転免許証などの身分証明証
  • 領収書もしくは販売証明書(販売店名・商品名・車体番号などが明記されているもの)

なお、領収書もしくは販売証明書を紛失した場合、車体番号を確認するために自転車本体を持ち込む必要があります。

1-4.自転車の防犯登録を抹消する方法

自転車の防犯登録を抹消する方法は、以下の流れを参考にしてください。

  1. 自転車防犯登録所の看板がある販売店に足を運ぶ
  2. 必要書類に記入し、防犯登録の抹消手続きをする
  3. 手続き後、防犯登録ステッカーをはがして完了

なお、第三者による成りすましを防ぐため、電話などでは受け付けてもらえません。

2.自治体回収で自転車を処分する方法

自治体回収で自転車を処分する方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.自転車は粗大ゴミで処分できる

自転車は、多くの自治体で粗大ゴミとして出すことができます。自転車は、主に金属でできており、大きさや重さがあることから不燃ゴミなどでは出せません。粗大ゴミで出す場合は、事前連絡が必要で回収費用もかかるのが一般的です。自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷場所・日時・受付番号などの指示を受けてください。回収費用の支払いは、コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入することで可能です。購入した粗大ゴミ処理券に必要事項を記入して自転車に貼り付けて出してください。

2-2.自治体ごとの回収ルールを確認しよう

粗大ゴミの回収ルールは、自治体ごとに異なります。自治体によっては、高齢などの理由があれば自宅前で集荷してもらえることがあるので、確認してみてください。また、自分で自治体の指定引取場所に持ち込むことも可能です。持ち込みを希望するときは、事前に自治体の粗大ゴミ受付窓口に希望日時を伝え、許可を得る必要があります。なお、指定引取場所に持ち込む場合でも、粗大ゴミ処理券の購入が必要になるので忘れずに連絡してください。

2-3.自治体回収で自転車を処分するメリット・デメリット

自治体の粗大ゴミ回収で自転車を処分する場合のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

  • 処分費用が安い

デメリット

  • 手続きが面倒
  • 集荷場所や回収日時を指定される
  • 集荷場所まで運ぶ手間がかかる
  • 集荷場所で盗難に遭うリスクがある
  • まだ十分に使える自転車でも廃棄処分になる

3.販売店の下取り・引き取りを利用する方法

自転車を買い替える場合は、販売店の下取りや引き取りを利用して処分することも可能です。

3-1.買い替えなら販売店の下取りや引き取りが利用できる

販売店で自転車を買い替える場合、不要になった自転車の下取りや引き取りをしてもらえることがほとんどです。ただし、購入台数と同数の下取り・引き取りになります。たとえば、自転車を1台購入した場合は、1台だけの下取り・引き取りとなり2台以上は利用できません。

3-2.通販業者は引き取りや下取りしていないことも多い

通販業者では、自転車を買い替える場合でも引き取りや下取りをしていないことが多いので注意してください。通販業者が引き取りや下取りをしない理由は、手間や経費がかかるからです。通販で引き取りや下取りのサービスが受けられない場合は、不要になった自転車の処分方法を改めて考えてください。

3-3.販売業者の下取りや引き取りを利用するメリット・デメリット

自転車の処分を販売業者の下取りや引き取りで行う場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 買い替えに伴う場合は無料となることが多い
  • 自宅など都合のいい場所で回収してもらえることがある

デメリット

  • 買い替えではなく、引き取りだけの依頼はできないことが多い
  • 無名メーカー品などサービス対象外の場合がある

4.自転車をリサイクルする方法

不要になった自転車でも、まだ十分に使えるものは譲ったり売ったりしてリサイクルすることを考えましょう。

4-1.知人や友人に譲る

まだ十分に乗ることができる自転車は、ほかの人に譲ることも考えてみましょう。たとえば、知人や友人に聞いてみたり、福祉施設などに寄付できたりしないか探してみてください。

メリット

  • 新しい持ち主に喜んで使ってもらえる
  • ものを大切にできる

デメリット

  • 必ずしも譲り先が見つかるとは限らない
  • 自分で配送を手配する必要がある(福祉施設などの場合)
  • 配送費用も自己負担が基本(福祉施設などの場合)

4-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは、中古品として再販可能な自転車を買取してくれます。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込んで査定を受けましょう。

メリット

  • 買取後は中古品として再販してもらえる
  • 査定から代金受け取りまでその場で完了する
  • 自転車以外の不用品も同時に買取を依頼できる

デメリット

  • 買取価格が安い
  • 個人店の多くが店頭持ち込みだけに対応
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない

4-3.ネットオークションやフリマサイトで売る

ネットオークションやフリマサイトを利用し、自転車を売ることもできます。多くの人が中古自転車を探しているので、タイミングがよければ早期に取り引きが成立することもあるでしょう。

メリット

  • リサイクルショップで買取不可になった場合でも出品可能
  • 売りたい価格で出品できる
  • 欲しがっている人と直接やり取りできる

デメリット

  • なかなか落札されないこともある
  • 商品クレームや支払い遅延などのトラブルも多い
  • 出品~配送完了まで数日以上かかる
  • 出品中はこまめなチェックと対応が必要
  • こん包や配送が面倒

5.自転車の処分を不用品回収業者に依頼する方法

不要になった自転車の処分は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

5-1.信頼できる業者選びのポイント

自転車の処分を不用品回収業者に依頼する場合は、以下のポイントを参考に選びましょう。

  • 自転車を含む不用品回収で豊富な実績がある
  • 回収後の不用品を積極的に資源リサイクルしている
  • 状態のいいものは買取もしている
  • 査定は無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 都合のいい回収方法を選べる
  • 都合のいい場所・日時を指定して回収してもらえる
  • スタッフの対応が親切で、顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得済み

なお、当エコアース不用品片付け東京ONLINEでも、自転車の処分をお受けしています。まずは、お気軽にご連絡ください。

5-2.出張回収は1回数千円程度が費用目安

不用品回収業者では、以下のような方法で不要になった自転車を回収しています。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 出張回収:日時・場所を指定して業者に回収してもらう

店頭持ち込みの場合は出張費用がかかりませんが、自家用車などで運んだ場合、業者の店頭までのガソリン代が自己負担になります。出張回収は、1回に付き数千円程度が費用目安です。出張回収の費用は業者によっても異なるため、見積もりをもらって確認してください。

5-3.自転車の処分を不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

自転車の処分を不用品回収業者に依頼した場合、以下のようなメリットやデメリットがあります。

メリット

  • 出張回収は運ぶ手間がかからない
  • 出張回収は都合のいい日時・場所を指定できる
  • 自転車以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 条件によっては買取になるものもある
  • 回収後は再資源化などで有効活用してもらえる

デメリット

  • 自転車1台だけで出張回収を依頼すると回収費用が割高になる

5-4.無料回収業者は要注意

無料回収業者の中には、悪質な業者が多く含まれているので注意してください。最近、住宅街を営業車で巡回して、「自転車などの不用品を無料回収している」と呼びかける業者が急増しています。しかし、話をよく聞いてみると無料なのは見積もりだけだったり、金銭価値の高いものだけだったりするのです。自転車を無料で回収してもらうはずが、なぜか有料になったり依頼していないものまで無理やり回収されてしまったりします。思わぬトラブルを避けるためにも、5-1を参考にして信頼できる業者に依頼しましょう。

6.自転車の処分に関するよくある質問

最後に、自転車の処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.自転車の防犯登録の有効期間は?
A.登録後10年です。10年を経過した自転車は、自動的に登録抹消扱いになります。したがって、10年以上同じ自転車に乗り続ける場合は、再度防犯登録が必要です。

Q.自転車を粗大ゴミで出すときはクリーニングするべきか?
A.特に必要ありません。ただし、ひどく汚れているときは、集荷場所に運ぶ際に服などが汚れる可能性があるため、ハンドルやペダルなど目立つ汚れだけでもクリーニングしておくといいでしょう。

Q.複数台の自転車をまとめて粗大ゴミに出すと安くなる?
A.いいえ。自転車1台ごとに粗大ゴミ処理券の購入が必要です。また、自治体によって1回に出すことができる台数が限られているので確認してください。

Q.買取需要の高い自転車の条件は?
A.以下を参考にしてください。

  • 人気メーカー・ブランド品
  • 目立つ傷・へこみなどがない
  • 購入時の付属品がそろっている
  • 年式が新しい
  • 不具合や故障がない

特に、ビアンキ・ピナレロ・コルナゴなど、ハイブランドの自転車はマニアからの需要が高く、状態のいいものは高価買取が期待できます。

Q.不用品回収業者が回収した自転車はどうなる?
A.状態のいいものや中古市場で需要があるものは、中古自転車として再販されます。故障などで再販不可のものは、素材ごとに分解されて資源リサイクルに回すことになるでしょう。

まとめ

今回は、自転車の処分について詳しく解説しました。自転車を処分するときは、防犯登録の抹消手続きを忘れないでください。買い替えなどで不要になった自転車は、自治体回収で粗大ゴミとして出す以外にも、多くの処分方法があります。まだキレイで十分に使えるものは、買取してもらえないか調べてみるといいでしょう。買取にならないものでも、知人や友人に譲ったりネットオークションやフリマサイトなどで売ったりすることもできます。なお、自転車の処分は不用品回収業者に依頼することも可能です。都合のいい場所・日時を指定して回収してもらえるだけでなく、そのほかの不用品も同時に回収してもらえるなどメリットが多いので検討してみるといいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス