ガラクタを捨てるメリットを知る! 捨てる・捨てないの判断基準は?


「部屋にあるガラクタを捨てるべきか?」「ガラクタを捨てるとどんなメリットがあるのか?」とお悩みではありませんか? ガラクタを捨てることには大きなメリットがあるといわれています。しかし、本当にガラクタとして扱ってよいのか、何を捨てて何を残せばよいのか、迷う人は多いでしょう。

この記事では、ガラクタが増える問題点や捨てるメリット・捨てるかどうかの判断基準などを詳しくご紹介します。

  1. どんなものがガラクタなのか?
  2. ガラクタが増えることの問題点3つ
  3. ガラクタを捨てるメリットは?
  4. ガラクタを捨てる基準を紹介
  5. ガラクタの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガラクタとして判断すべきものや、捨てるときの考え方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.どんなものがガラクタなのか?

まずは、ガラクタと呼ばれるものにはどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

1-1.使っていないもの・使うつもりがないもの

長い間使っていないものや今後も使うつもりがないものは、間違いなく自分にとってのガラクタと呼べるでしょう。たとえば、思わず衝動買いしてしまったが使い道がないものや、人からもらったが好みではないものなどが当てはまります。「この先も使うことはない」と思った時点で早めに処分したほうがよいでしょう。

1-2.使うことができないもの

使いたくても使うことができないものも、ガラクタと呼んでよいでしょう。壊れていて本来の使い方ができない家電や雑貨・文房具、破れていて着ることができない洋服なども当てはまります。使うことができないものを取っておいても、何の意味もありません。

1-3.あると邪魔に感じるもの

ガラクタと呼べるかどうかは、人それぞれの考え方にもよります。部屋にあることを邪魔に感じるようであれば、自分にとって必要のないものと考えたほうがよいでしょう。本当に必要なものに対して「邪魔」と感じることはないはずです。

2.ガラクタが増えることの問題点3つ

ガラクタが増えるとどのような問題が起こるのでしょうか。

2-1.部屋が散らかる

ガラクタが増えれば増えるほど、部屋が散らかりやすく片付けにくくなります。この問題は大きなデメリットでしょう。いずれ収納スペースも足りなくなり、ガラクタを部屋に出しっぱなしにするしかなくなってしまいます。その結果、常に部屋が散らかった状態になり、片付けてもすぐ散らかるようになるのです。精神的にも落ち着かない部屋になり、人も呼べなくなってしまうでしょう。

2-2.持ちものを管理しにくくなる

ガラクタが増えるとその分、自分の持ちものが増えることになります。何を持っていてどこにしまってあるのかが分からなくなり、探しものをする時間も増えるでしょう。また、持っていることを忘れてしまい、似たようなものをまた買ってしまうことも多くなります。経済的にもデメリットが大きいでしょう。

2-3.気分が落ち込む

ガラクタが部屋にあると「何とかしたい」「捨てるべきか?」と悩むことも増えます。イライラしたり不安になったりすることが多くなり、思考がネガティブになりがちです。悩みとしては小さなものでも、気づかないうちに少しずつエネルギーが奪われてしまうことになるでしょう。

3.ガラクタを捨てるメリットは?

ガラクタを捨てることで得られるメリットをご紹介しましょう。

3-1.居心地のよい部屋になる

ガラクタを捨ててムダなものがなくなると居心地のよい部屋を手に入れることができます。収納スペースにも余裕ができるのでものが出しっぱなしになることがなく、すっきり片付いた部屋になるでしょう。居心地のよい部屋にいると気分が明るくなり、心身共にリラックスします。余分なものがなくなれば、ものごとに集中しやすくなるため、仕事や勉強でもよい結果を出すことができるようになるでしょう。

3-2.ムダなお金を使わなくなる

自分の持ちものを把握しやすくなるため、似たようなものを買ってしまうことがなくなります。つまり、ムダなお金を使わずに済むようになるのです。結果的にお金がたまりやすくなるでしょう。

3-3.本当に必要なものが分かるようになる

ガラクタを捨てると、自分にとって「本当に必要なもの」が何か分かるようになります。実際に捨ててから「なくてもよかった」ということに気づけることも多いのです。捨てるときは抵抗があっても、思いきって手放してみれば、それが自分にとって不要なものだったということが分かるでしょう。今後は、不要なものをため込もうとしなくなるはずです。

4.ガラクタを捨てる基準を紹介

ガラクタを捨てるかどうか判断する基準をご紹介しましょう。

4-1.今使っているか

「今現在、使っているか」を考えてみましょう。今使っていないものは、今後も使う可能性が低いといえます。「いつか使うかもしれない」という理由でものを残しておく必要はありません。今の自分にとって必要のないものは、思いきって手放してしまいましょう。使っていないものを捨てることで新たなスペースができ、「本当に必要なもの」が自然と入ってくるはずです。

4-2.手に取ってみてときめくか

捨てるかどうか迷っているガラクタを手に取ってみましょう。本当に手放したくないものであれば、ときめきを感じるはずです。手に取ってみても何も感じない場合や、マイナスの気持ちが生まれるようであれば、迷いなく処分してください。

4-3.ないと困るものか

そのガラクタを捨てると困ることがあるか、考えてみてください。なくても生活が何も変わらないという場合は、処分しても後悔することはないでしょう。また、持っていることを忘れて新たに買ってしまい、似た用途のものが複数個あるという場合も、一つだけ残して処分することをおすすめします。

5.ガラクタの処分に関するよくある質問

「ガラクタを捨てたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.大量のガラクタを手間をかけずに処分するにはどのような方法がありますか?
A.ガラクタが大量にあるのであれば、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時に自宅まで回収に来てもらえるため、自分で分別したり運搬したりする必要はありません。

Q.ものを捨てられない人の心理とはどのようなものですか?
A.「捨てるのはもったいない」「まだ使うかもしれない」「ものを多く持つことで見栄(みえ)をはりたい」などの心理が原因でものを捨てられない人が多いでしょう。

Q.使っていないけれど値段が高かったので捨てられないものがあります。どうしたら捨てる気持ちになれるのでしょうか?
A.「自分にとっての価値とものの値段は関係ない」と思うことが必要です。また、買取に出してお金に換えるのも一つの方法でしょう。

Q.自分にとって大切でも、他人にとっては「ガラクタ」に思えるものもあるのですか?
A.もちろんあります。何をガラクタと呼ぶかは、人それぞれの考え方しだいです。

Q.ガラクタをお得に処分する方法はありますか?
A.比較的状態がよければ買取に出してみましょう。不用品の回収と買取を行っている業者もあり、買取してもらえなければ回収という形で引き取ってもらえます。

まとめ

ガラクタが増えることの問題点やガラクタを捨てるメリットなどを詳しくご紹介しました。どんなものをガラクタと呼ぶかは人それぞれですが、ガラクタを捨てることで得られるメリットが大きいことは間違いありません。ぜひこの記事を参考にしてガラクタを捨てて、身も心も軽くなってください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス