エアコンは買取してもらえる? 高額買取のコツや業者の選び方を紹介


不要になったエアコンは、正しい処分方法を知らないと戸惑うことがあるでしょう。エアコンが家電リサイクル法の対象品目であるため、リサイクルのための回収や買取などを利用することが推進されています。とはいえ、リサイクルや買取について理解されていない方も多いのです。エアコンの処分を検討されている方は、処分方法や買取について覚えておきましょう。

  1. エアコンの処分方法
  2. まだ使えるエアコンは買取に出すことができるのか?
  3. 人気があるエアコンは?
  4. エアコンを高額買取に結びつけるコツ
  5. エアコンの買取業者を選ぶポイント
  6. エアコンの処分や買取でよくある質問

買取を利用する際は、買取対象となるものの特徴や買取価格の相場などを知っておくと安心です。本記事を参考に、高額買取に結びつけるきっかけにしてください。

1.エアコンの処分方法

まず、エアコンの具体的な処分方法をご紹介します。

1-1.家電リサイクル法に従って処分する

エアコンは家電リサイクル法の対象品目であるため、購入した店舗に引き取りを依頼してください。購入店舗が分からない場合は、自治体の担当窓口に問い合わせをし、提示された指定引取所へ持ち込みましょう。指定引取所は、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページから検索できます。自分で指定引取所へ持ち込む場合、事前に郵便局でリサイクル料金の支払いが必要です。郵便局に備えつけてある振込用紙を利用してください。

1-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、家電や家具など大型製品の引き取りでも、業者がすべて行ってくれるため、自力で運び出す負担が少ないのがメリットです。エアコンの取り外しも、依頼すれば行ってくれます。ただし、費用は割高で、リサイクル料金より上回る可能性があるため、事前に見積もりを出してもらい、費用に納得してから依頼することが大切です。

1-3.無料回収業者

無料回収業者の中には、業者が指定する送料無料対象品目と同こんすれば、エアコンの無料回収を行っているところもあります。送料無料対象品目は業者ごとに異なりますが、パソコンや液晶ディスプレーなどです。回収した家電製品から金属部品などを取り出し、修理部品としてリユースするなどし、収益を得ることができるため、無料回収を行うことができます。

1-4.家電量販店

買い替えでエアコンが不要になる場合は、家電量販店に依頼する方法もあります。新規購入と処分を同時にできるため、時間を大幅に短縮できるのがメリットです。エアコンの処分だけを依頼する場合は、購入した店舗に依頼すると、引き受けてくれる可能性があるでしょう。家電量販店に引き取りを依頼する場合は、リサイクル料金と収集運搬費用の支払いが必要です。店頭で申し込みができます。

1-5.業務用として使っていたものは産業廃棄物として処理する

業務用で使っていたエアコンは、産業廃棄物として処理しなければなりません。産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者に依頼し、エアコンの引き取りをしてもらってください。ただし、家庭で業務用エアコンを使用していた場合は、1-1〜1-4で既述した方法で処分することができます。

2.まだ使えるエアコンは買取に出すことができるのか?

エアコンは買取してもらえるのでしょうか? 買取対象となるものの特徴などをご紹介します。

2-1.製造から5年以内のもの

エアコンの平均寿命は10年程度であるため、製造から5年以内だと買取してもらいやすいでしょう。動作が正常にでき、外観の傷や汚れがないものが理想です。高機能なエアコンほど、人気が高くなっています。

2-2.業務用エアコンも人気が高い

業務用エアコンは、中古でも人気が高いため、買取対象となりやすいでしょう。新規購入だと高額な費用がかかるので、中古で良好な状態のものが欲しいという方が多いのです。業務用エアコンは処分前に査定を受け、買取可能か確かめたほうがいいでしょう。

2-3.製造年数が古くても買取可能な場合もある

業者によっては、製造から7年が経過したものでも買取可能としている場合があります。再販を目的としているのではなく、エアコンに使われている有用な金属を再資源化することで収益を得るために買取をするのです。ただし、大手メーカーのものに限定するなど、業者ごとに買取条件が異なるため、査定前に確認したほうがいいでしょう。

3.人気があるエアコンは?

エアコンで人気があるメーカーや機能などをご紹介します。

3-1.国内大手メーカーが人気

人気が高いのは、国内大手メーカーのエアコンです。たとえば、以下のようなものがあります。

  • ダイキン
  • シャープ
  • 富士通
  • コロナ
  • 東芝
  • パナソニック
  • 三菱

国内メーカーのエアコンは高品質で、耐久性に優れているのが特徴です。

3-2.高機能なもの

高機能なエアコンは、特に人気があります。自動掃除機能・省エネルギー・静音設計・空気清浄機能などです。付加機能が多いほど、販売価格が高くなります。そのため、手ごろな価格で購入できる中古のエアコンを探す方がいるのです。

3-3.対応畳数によって買取価格が異なる

エアコンには対応畳数が定められています。対応畳数によって、買取価格は大きく変わってくるでしょう。以下は、買取価格の一例です。購入後の経過年数によって買取価格は変わってきます。同メーカー・同畳数でも、高年式のものは買取価格は高めです。

  • 10畳以下:1〜4万円
  • 10〜20畳:3〜7万円
  • 20畳以上:5〜10万円

メーカー・状態・年式により、買取価格に差が生じるため、きちんと査定を受けることが大切です。 複数の業者で査定を受けることで、相場が見えてくるでしょう。

4.エアコンを高額買取に結びつけるコツ

エアコンを高く買取してもらうためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか? 高額買取のコツをご紹介します。

4-1.掃除をしっかり行う

エアコンを買取に出す際は、必ず掃除を行いましょう。外観だけでなく、内部もきちんと掃除をすることが大切です。フィルターの洗浄・細部のホコリや汚れの除去を徹底し、動作確認もしてください。手入れが行き届いているエアコンは、査定時の印象がとてもよくなります。

4-2.付属品を添える

購入時の付属品を添えて査定に出せば、高額買取につながる可能性が高まります。リモコン・交換パーツ・取扱説明書・保証書などを用意しておきましょう。

4-3.なるべく早めに手放すこと

不要になったエアコンは、なるべく早めに手放すことを考えましょう。年式が浅いほど、買取では有利になります。家電は毎年モデルチェンジが行われるため、年式や機能が古いと判断されてしまう前に買取してもらうことが大切です。

5.エアコンの買取業者を選ぶポイント

エアコンの買取業者を選ぶ際の注意点やポイントをご紹介します。

5-1.エアコンの買取実績が豊富

エアコンの買取実績が豊富な業者なら、メーカー・機種・機能・相場などを熟知しています。中古市場での需要なども踏まえ、適正価格での買取をしてもらえるでしょう。

5-2.エアコンの買取を強化している

キャンペーンなどでエアコンの買取を強化している業者は、通常より高めの価格で買取してもらえる可能性があります。買取対象となるメーカーも広げている場合があるため、電話やメールで問い合わせてみましょう。

5-3.買取方法が利用しやすい

買取方法は、業者によってまちまちです。利用しやすい方法を採用しているところを選びましょう。宅配買取・持ち込み買取・出張買取などがありますが、エアコンの運搬やこん包などを考慮した場合、出張買取がおすすめです。

5-4.エアコンの取り外しサービスを行っている

エアコンは、買取時に取り外しが必要です。取り外しサービスを行っている業者なら、安心して依頼できるでしょう。エアコンの取り外しは、破損や落下などの恐れがあるため、一般の人では難しいものです。業者のサービス内容をしっかり確認して選んでください。

6.エアコンの処分や買取でよくある質問

エアコンの処分や買取に関する質問を集めました。

Q.エアコンはスクラップとして買取に出すことはできるのか?
A.はい、できます。年式が古く、買取不可となった場合、スクラップ業者に買取を依頼してみましょう。ただし、家庭用エアコンは金属部品の含有量が少ないため、無料引き取りになる可能性があります。とはいえ、リサイクル料金や収集運搬費用などを考慮すれば、無料で引き取ってもらえると負担が少ないのがメリットです。

Q.買い替えでエアコンを処分する場合、古いエアコンを下取りしてもらえないのか?
A.下取りをしている家電量販店はほとんどありません。ただし、買い替えの場合、古いエアコンの取り外しは無料で行ってもらえる可能性はあるでしょう。古いエアコンは、リサイクル料金と収集運搬費用を支払い、買い替えと同時に引き取ってもらう方法が、最も手軽な処分方法です。

Q.エアコンの査定は、インターネットでもできるのか?
A.はい、できます。オンライン査定などを実施している業者なら、大まかな買取価格を出してくれるでしょう。とはいえ、正確な買取価格は、実物を確かめてから決まります。あくまでも、メーカーや年式などから想像した相場と捉えてください。

Q.買取業者はどのように探せばいいのか?
A.地域で絞り込んでいく方法がおすすめです。検索時に「エアコン 買取」と入力し、東京・大阪・福岡・名古屋・千葉・埼玉・京都などの地域名を加えてみましょう。近隣の業者をいくつかピックアップすることができます。絞り込んでから、評価や実際の対応を見て決めるといいでしょう。

Q.窓用エアコンも買取対象となるのか?
A.はい、なります。しかし、窓用エアコンは冷房機能に限定されているものが多く、消費電力が大きいため、中古需要が見込めないのが現状です。買取価格が低くなる傾向があるでしょう。

まとめ

エアコンは、家電リサイクル法に基づいた処分が求められます。メーカーや機種に応じたリサイクル料金を郵便振込で支払い、指定引取所に持ち込んでください。年式が浅く、動作不良や汚れ・傷などもない美品は、買取に出すことも考えてみましょう。複数の業者で査定を受け、買取相場などを探ることが大切です。また、エアコンは、取り外しや運搬などの問題が出てきます。出張買取に対応しており、エアコンの取り外しなども行ってくれる良心的な業者を選んでください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス