オーディオアンプは買取対象になるのか? 高価買取のポイントも


元値が高いオーディオアンプは、状態によって買い取ってもらえる可能性が高いアイテムです。まだ使えるのにゴミとして処分するのはもったいないでしょう。しかし、どのようなオーディオアンプが買取対象になるのか・どの買取業者を選ぶべきか悩みますよね。

そこで、本記事では、オーディオアンプの買取ポイントを解説しましょう。

  1. どんなオーディオアンプが買取対象になるのか?
  2. オーディオアンプの買取査定額の目安は?
  3. オーディオアンプを高価買取してもらうポイント
  4. オーディオアンプの買取業者を選ぶコツ
  5. オーディオアンプの買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、オーディオアンプを高く買い取ってもらう方法やポイントが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.どんなオーディオアンプが買取対象になるのか?

一体、どのようなオーディオアンプが買取対象になるのでしょうか。

1-1.動作確認が取れるかどうかがポイント

オーディオアンプは電気信号を増幅するための音響機器なので、動作確認が取れるかどうかが大きなポイントです。コンセントにつないで正常に音が増幅されるか・不具合や故障が見当たらないかどうかを査定員がチェックし、買取の有無を判断することになります。基本的に、動作確認が取れるものであれば買取対象となりますが、音が出なかったり、ノイズが入っていたりすると買取不可になる可能性があるでしょう。そのため、査定に出す前に、自分で動作確認をしてください。気になるところがあれば、査定時にその旨を伝えましょう。

1-2.古いビンテージアンプも買取対象になる!?

一般的に、古いものは買取不可になることが多いのですが、オーディオアンプなどの音響機器はビンテージアンプも買取対象になることがあります。随分と昔に販売されたアンプでも、レア度が高くなり、ビンテージとして高く売れる可能性があるのです。特に、人気メーカーから発売され、今ではほとんど販売されなくなったレアものは、びっくりするほどの値段がつくこともあります。「古いから……」と買取を諦める必要はありません。1度無料査定を依頼してみましょう。

2.オーディオアンプの買取査定額の目安は?

それでは、オーディオアンプの買取査定額の目安などを解説します。

2-1.約1万円~数十万が買取額の目安

あくまで目安となりますが、オーディオアンプは約1万~数十万円が目安となります。もともと、オーディオアンプの販売額は数十万するものばかりなので、買取額もそれなりの値段になるケースがほとんどです。買取額の目安は当時販売額の約5~10%といわれています。ただし、オーディオアンプのメーカー・型番号・製造年月日で買取額が大きく異なるでしょう。査定前に、メーカー・型番号・製造年月日をきちんと把握しておけば、大まかな査定額が把握できます。買取もスピーディーに進められるので、チェックしてください。

2-2.中古販売店の買取実績を確認する

自分で買取額を知りたい方は、メーカー・型番号・製造年月日をチェックした上で中古販売店のホームページに記載されている買取実績などを確認してください。どんなオーディオアンプがいくらで売れたのか・いくらで買い取ったのか記載されています。自分が売りたいオーディオアンプがあれば、中古販売額を調べることができるでしょう。また、電化製品は製造年月日から5年を超えると買取額が下がるといわれています。買取額が数千円になることもあるため、早めに査定を依頼しましょう。

2-3.無料査定を複数の業者に依頼する

買取額を調べる方法として、無料査定を複数の業者に依頼する方法があります。ほとんどの買取業者やリサイクルショップでは無料査定を行っているので、ぜひ利用してください。複数の業者に依頼すればだいたいの買取額が分かり、最も高値がついた業者に依頼できます。特に、オーディオアンプは対応している音域やスピーカーの音質・接続方法など機能やグレードによって大きく異なるでしょう。Bluetoothに対応しているタイプなど、最新機能がついているほど高価買取が期待できます。

3.オーディオアンプを高価買取してもらうポイント

ここでは、オーディオアンプの高価買取ポイントをいくつか紹介します。

3-1.スピーカーと一緒に売る

高価買取のポイントとして、スピーカーと一緒に売る方法があります。オーディオアンプはスピーカーと一緒に購入することが多いため、一緒に売りに出すことで買い取ってもらいやすくなるのです。オーディオアンプとスピーカーを同時に購入した方は、購入時と同じ状態にして売るといいでしょう。特に、同じメーカーのオーディオアンプとスピーカーを一緒に売ると高価買取が期待できます。さらに、まとめて売ることで買取額アップにつながるでしょう。

3-2.付属品をそろえる

できるだけ、購入時の状態にすることが理想なので付属品をそろえてから査定を依頼してください。購入時には取扱説明書・コードなどの付属品がついてきたはずです。付属品をできるだけそろえるだけでも、数千円買取額がアップすることもあります。買取業者の中には、付属品が一式そろっていないと買取不可になるケースもあるでしょう。付属品は高価買取が期待できる重要なアイテムとなるため、大事に保管してください。

3-3.製造年月日から5年以内に売る

前述したように、オーディオアンプなどの電化製品は製造年月日が5年を超えると買取額が下がるといわれています。新しい機能がついたオーディオアンプが登場するほど、旧モデルの価値が下がるからです。また、5年以上経過したものは不具合が起きやすく、故障しやすいリスクがあります。そのため、できるだけ製造年月日から5年以内に売るようにしましょう。特に、発売されたばかりのオーディオアンプかつハイグレードの製品は数百万円の価値になることがあります。早めに売るほど高価買取が期待できるでしょう。

3-4.できるだけきれいにしておく

オーディオアンプを大切に使っている人ほど保管状態がよく、きれいな見た目を維持し続けています。実は、見た目も査定に大きく影響することになるのです。目の前に、汚いオーディオアンプときれいなオーディオアンプがあると、きれいなほうを選ぶ人がほとんどだと思います。汚れたり、ホコリがついていたりすると買取額が下がる恐れがあるため、事前にできるだけきれいに掃除してください。ただし、電化製品なので水拭きはNGです。かわいたぞうきんやタオルなどでやさしくふき取るようにしましょう。

4.オーディオアンプの買取業者を選ぶコツ

オーディオアンプの買取業者を選ぶコツを紹介します。

4-1.オーディオアンプの買取実績がある業者を選ぶ

まずは、オーディオアンプなどの電化製品・音響機器を買い取っているかチェックしてください。買取実績がある業者は適正な価格で買い取ってもらえる可能性があります。中古市場に詳しく、どのようなオーディオアンプが需要があるのか理解しているからです。逆に、実績が少ない業者は中古市場に疎く、本当は高値がついたのに安く買い取られる恐れがあります。どんな商品を買い取っているのか・どのくらい買取実績があるのかを確認した上で無料査定を依頼してください。

4-2.スタッフの対応もチェックしよう

買取実績だけでなく、スタッフの対応も業者選びの要チェックポイントです。優良業者のスタッフは対応が丁寧かつスピーディーで、どのような質問にも分かりやすく説明してくれます。なぜこの査定額になったのか、1つ1つ丁寧に説明してくれると安心して依頼できるでしょう。悪徳業者はスタッフの対応が悪く、仕事が遅い傾向があります。電話対応などもチェックしてから、安心して依頼できるか見極めてくださいね。

4-3.古物商の許可を取得しているか

買取業を行うためには、都道府県から古物商の許可を取得しなければなりません。つまり、ホームページや店舗に古物商の許可番号が掲載されていない業者は、悪徳業者の可能性が高いといえます。依頼する前に、古物商の許可をきちんと取得しているか確認してください。また、不用品回収を行うには、産業廃棄物収集運搬許可を取得することが必須となります。古物商の許可証と併せて、産業廃棄物収集運搬許可も取得しているか確認しましょう。

4-4.無料回収業者に依頼するのは危険!?

処分費用を抑えるために、無料回収業者を利用するケースがあります。しかし、無料回収業者とのトラブルが近年相次いでいるため、安易に利用しないほうがいいでしょう。「回収後に追加料金を請求された」「回収してもらったものが不法投棄されていた」などのトラブルが起きているのです。特に、街中をトラックでまわっている無料回収業者は実店舗を持たないため、後々トラブルに発展しやすくなるでしょう。無料回収業者に依頼するよりも適切な費用を支払って処分したほうが安心です。

5.オーディオアンプの買取に関してよくある質問

オーディオアンプの買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.人気があるオーディオアンプは?
A.パイオニア・マランツ・デノン・ラックスマンといった人気メーカーのオーディオアンプは、中古市場でも需要が高めです。世界的に有名なメーカーのオーディオアンプほど、高価買取が期待できるでしょう。特に、パイオニアのバランス入力に対応したハイエンド機は高価買取が期待できるタイプです。最新のクラスDアンプが採用されているなど、初心者向けではなく高いレベルでのデジタル・アナログ高音質化が実現できるものほど高値がつきやすくなります。

Q.出張買取を依頼する際の注意点は?
A.出張買取は基本的に無料ですが、運搬・出張費用がかかる可能性があります。また、買取業者によって出張買取が可能な地域が異なるので注意が必要です。運搬・出張費用がいくらかかるのか・出張買取が可能な対応地域に入っているか、事前にチェックしておきましょう。

Q.オーディオアンプの参考買取額は?
A.あくまで目安となりますが、以下の買取額を参考にしてください。

  • DENON AVR-X4400H K AVアンプ ハイレゾ音源対応:58,000円
  • Accuphase C-2820 プリアンプ:650,000円
  • SONY スピーカーシステム SS-NA5ES ブックシェルフ型:105,000円
  • JBL S4700 スタンドスピーカー 3ウェイ:450,000円

具体的な買取額を知りたいときは、無料査定を依頼するといいでしょう。

Q.オーディオアンプの処分方法は?
A.買い取ってもらえなかった場合、処分するしかありません。主な処分方法としては、自治体回収・不用品回収業者・販売店などがあります。自治体回収で処分する場合、ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱いとなるでしょう。自治体では壊れているオーディオアンプでも処分ができる点がメリットですが、回収日や回収指定場所が決まっています。不用品回収業者ならいつでも処分が可能です。また、買い替えの場合、販売店で引き取ってもらえる可能性もあります。それぞれの処分方法でメリット・デメリットがあるため、自分の状況を踏まえながら検討するといいでしょう。

Q.おすすめの不用品回収業者は?
A.不用品の買取と回収を行っているエコアースをご利用ください。埼玉・千葉県を中心に買取と回収サービスを行っており、実績は県内トップを誇ります。格安回収と高価買取を目指し、無料見積もりと無料相談も受付中です。たとえ、買取不可になったとしてもそのまま処分を承ることができます。また、お得に処分できるパックプランも用意しているため、大量の不用品を処分したい方も安心できるでしょう。オーディオアンプ以外に処分したいものがある・近くに店舗がない方は、ぜひ1度お問い合わせください。

まとめ

オーディオアンプは元値が高いので、状態がよければ高く売れる可能性があります。特に、人気モデルで需要が安定しているものは、数万円で買い取ってもらえるでしょう。買取業者を選ぶ際は、できるだけオーディオアンプなど楽器系に詳しいところを選ぶのがポイントです。複数の業者を比較した上で、買取実績がある・スタッフの対応がいい業者を選びましょう。オーディオアンプだけでなく、スピーカーもセットに買い取ってもらうことで高価買取が期待できます。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス