プリンターの処分方法をお探しの方へ! 一番簡単&お得な方法を伝授!


「不要になったプリンターを処分したいけど、どんな方法があるのだろう」「なるべく簡単で費用がかからない処分方法はないか」とお考えではありませんか? すぐに処分したくても、ゴミとして出せるのか、そのほかの処分方法を選ぶほうがよいのかなど、迷ってしまいますよね。それに、できるだけ簡単に安く処分したいことでしょう。

そこで今回は、プリンターの処分について詳しく解説します。

  1. プリンターは何ゴミに分類される?
  2. プリンターを自治体回収に出す方法
  3. 自治体回収に出す以外でプリンターを処分する方法
  4. プリンターを買取に出す方法
  5. プリンターを処分する際の注意点
  6. プリンターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、プリンターを処分するときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.プリンターは何ゴミに分類される?

最初に、プリンターが何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.不燃ゴミ

プリンターは、1辺が60cm以下など一定の大きさまでなら不燃ゴミとして処分できることが多いでしょう。ただし、自治体によって基準となる大きさが異なるため、事前に確認してください。なお、不燃ゴミとしてプリンターを処分する場合、処分費用は無料です。

1-2.粗大ゴミ

一定以上の大きさのプリンターは、粗大ゴミとして扱う自治体が多くなります。たとえば、1辺が60cmを超えるものなどです。不燃ゴミと同様、ゴミの分類基準が自治体によって異なるため、確認してから出す必要があります。なお、粗大ゴミとして出す場合、回収費用が1台に付き数百円程度~かかるのが一般的です。

1-3.小型家電

自治体によっては、プリンターを小型家電リサイクル法の対象品目として処分できることがあります。小型家電リサイクル法とは、プリンターやスマホ・ゲーム機などの小型家電に含まれる資源を有効活用するための法律です。まずは、小型家電としてプリンターを処分できるかどうか自治体のホームページなどで確認してください。小型家電として処分する場合、処分費用は無料です。

2.プリンターを自治体回収に出す方法

プリンターを自治体回収に出す方法を詳しく見ていきましょう。

2-1.不燃ゴミは自治体指定の集荷場所・日時で無料回収可能

プリンターを不燃ゴミとして出す場合は、自治体の指定日時・集荷場所に従うことになります。指定日時近くになったら、集荷場所にプリンターを運んでください。自治体によっては、指定ゴミ袋に入れる必要があるので、事前に確認しておきましょう。

2-2.粗大ゴミは指定日時・場所にて有料回収が多い

プリンターを粗大ゴミとして処分する場合、自治体の指定日時・集荷場所にて有料回収となるケースが多くなります。また、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、事前予約が必要なことが多いので注意しましょう。プリンターを粗大ゴミとして出すときの一般的な流れは、以下のとおりです。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡して受付番号・集荷日時と場所・料金などの指示を受ける
  2. 料金分の粗大ゴミ処理券をコンビニなどで購入する
  3. 受付番号などを記入してプリンターに貼り付ける
  4. 指定日時までに集荷場所にプリンターを運ぶ
  5. 自治体がプリンターを回収する

2-3.小型家電は専用回数ボックスに無料で投入できる

プリンターが小型家電に指定されている場合は、役所や商業施設などに設置してある専用回収ボックスに投入するだけで処分が可能です。回収されたプリンターは、自治体により再資源化され、有効活用されます。なお、現時点では、まだ専用回収ボックスの数が設置数が少ないため、事前に設置場所を確認しておくことがおすすめです。

3.自治体回収に出す以外でプリンターを処分する方法

自治体回収に出す以外でプリンターを処分する方法を詳しく解説します。

3-1.販売店の下取りや引き取りに出す

プリンターを買い替える場合は、販売店の下取りや引き取りを利用できることがあります。まずは、買い替えを予定している販売店に確認してみてください。年末など、販売店がプリンターの新規購入キャンペーンを行うタイミングが狙いめです。

メリット

  • 買い替えと同時に処分できる
  • 新規購入者向けのサービスで無料となることが多い
  • 下取りになる場合は新規購入価格が安くなる

デメリット

  • 下取り・引き取りだけでは利用できないことが多い
  • 対象メーカー・機種が限られていることがある

3-2.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったプリンターは、不用品回収業者に処分を依頼するのもおすすめです。不用品回収業者では、回収後のプリンターを再販もしくは再資源化しているので、ゴミに出して廃棄処分するより有効活用できます。まずは、業者に連絡して見積もりをもらってから検討するとよいでしょう。

メリット

  • 都合のよい場所と日時を指定できる
  • 集荷場所に運ぶ必要がない
  • こん包しなくてよい
  • プリンター以外の不用品も同時に回収してもらえる
  • ものによっては買取になることもある

デメリット

  • 回収費用が1回数千円程度かかる

なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、ご不要になったプリンターの回収をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4.プリンターを買取に出す方法

プリンターを買取に出す方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.どんなプリンターが買取対象になる?

買取対象となるプリンターの条件は、以下を参考にしてください。

  • 年式が新しい
  • 人気メーカー品(キヤノン・エプソン・ブラザーなど)
  • 使用感が少ない
  • 不具合や故障がない
  • 外観に目立つ傷や汚れ・破損がない
  • 購入時の付属品に欠品がない

4-2.信頼できる買取業者の選び方

プリンターの買取は、以下の条件を満たす業者に依頼することをおすすめします。

  • プリンターの買取実績が豊富
  • 迅速で誠実な査定をすることで定評がある
  • 査定は無料
  • スタッフの対応が丁寧で親切
  • 個客からの評判がよい
  • 古物商の許可を取得済み

4-3.高額査定を出すためのポイント

プリンターの買取で高額査定を出すためには、以下のポイントに気を付けるとよいでしょう。

  • 外観の汚れをキレイにしておく
  • 購入時の付属品や箱などをそろえておく
  • 未使用のインクなどがあれば同時に買取してもらう
  • 不要になった時点でできるだけ早く買取に出す
  • プリンターの買取を強化している業者に依頼する

4-4.プリンターはどこで買取してもらえる?

不要になったプリンターは、リサイクルショップに買取してもらうか、ネットオークション・フリマアプリに出品して自分で売ることもできます。

4-4-1.リサイクルショップに売る

ほぼ使っていないプリンターなら、リサイクルショップで買取してもらえる可能背があります。買取を希望する場合は、店頭に持ち込んで査定を受けてみてください。

メリット

  • 買取後は中古品として再販されるので有効活用できる
  • プリンター以外の不用品も同時に買取してもらえる
  • 査定から代金受け取りまで同日に完了する

デメリット

  • 買取不可の場合は引き取り処分もしてもらえない
  • 買取価格が安い
  • 個人店では店頭持ち込みだけ利用できることが多い
  • 店頭持ち込みのための手間や時間・ガソリン代がかかる

4-4-2.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になったプリンターは、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることが可能です。ネットオークションやフリマアプリは、中古のプリンターを探している人が多く参加しているので、落札してもらえる可能性が高くなります。

メリット

  • 欲しがっていると人と直接やり取りできる
  • 自分が売りたい価格で出品できる
  • リサイクルショップで買取不可になったものも出品できる
  • タイミングによっては高額落札もあり得る

デメリット

  • 出品手数料がかかることが多い
  • タイミングが悪いとなかなか売れないことがある
  • 商品クレームや支払い遅延などのトラブルが多い
  • しつこく値切られることがある
  • 出品後はこまめなチェックややり取りが必要
  • 出品から発送まで数日以上かかる
  • こん包や発送の手間がかかる

4-4-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、プリンターの買取をしてくれるところがあるので、確認してみるといいでしょう。買取もしている業者なら、万が一買取不可となった場合でも、そのまま引き取り処分してもらえるなど、何かと便利です。

メリット

  • 出張回収は都合のよい日時と場所を指定できる
  • 出張回収は自分で運んだり発送したりする必要がない
  • 買取不可でもそのまま処分してもらえる
  • プリンター以外の不用品の処分や買取を同時に依頼できる

デメリット

  • 買取不可で引き取り処分を依頼する場合は費用がかかる

5.プリンターを処分する際の注意点

プリンターを処分する際の主な注意点を確認しておきましょう。

5-1.内部データを消去する

プリンターを処分する前に、内部データを消去しておきましょう。最近のプリンターは、印刷する前にデータを内部保存するものが多く見られます。また、無線LANの登録情報なども記録されていることでしょう。内部データを消去せずにプリンター処分した場合、次い手にした人が悪用する可能性もあるのです。思わぬトラブルを避けるためにも、プリンターを処分する前に消去してください。

5-2.記録メディアや印刷物の抜き取り忘れに注意

記録メディアや印刷物の抜き取り忘れにも注意してください。メモリーカードなどを挿したままだったり印刷物が内部に残ったままだったりすると、思わぬところで情報流出しやすくなります。プリンターを処分する前に、メディアスロットや用紙トレイなどをもう一度隅々まで確認しておきましょう。

5-3.メーカーのユーザー登録を解除する

メーカーにプリンターのユーザー登録をしている場合は、必ず解除しておきましょう。プリンターを買取に出す場合は、次の所有者がユーザー登録できずに不便です。処分する場合でも、ユーザー登録を解除していないと、思わぬところで情報流出する可能性があるので気を付けましょう。なお、ユーザー登録の解除は、メーカーのホームページから手続きできます。

6.プリンターの処分に関するよくある質問

最後に、プリンターの処分に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.プリンターの寿命は何年?
A.約3~5年です。寿命が近づくと以下のような症状が出ることがあります。

  • ヘッドクリーニングをしても印刷がかすれる
  • 印刷物がインクで汚れる
  • 特定の色が印刷されない
  • 用紙が詰まりやすくなる
  • 特定の機能が使えない
  • 動作音が異常に大きい
  • 印刷が途中で止まってしまう
  • 電源がいきなり落ちることがある

Q.故障したプリンターを修理するか買い替えるかの判断基準は?
A.以下を参考にしてください。

  • 販売店やメーカーの保証期間内のため無料で修理できる:修理
  • 保証期間を過ぎているが安価で修理できる:修理
  • 修理可能だが修理費用が高い:修理か買い替えかメリットが大きいほうを選ぶ
  • メーカーの補修用部品保管期間が過ぎていて修理不可:買い替え
  • プリンターの機能などに不満がある:買い替え

Q.操作説明DVDやケーブル類の処分方法は?
A.自治体回収にゴミとして出すことができます。自治体ごとの分類や回収ルールを確認してから出しましょう。なお、自治体によってはケーブル類を小型家電として処分することもできます。小型家電として処分する場合は、専用の回収ボックスに投入してください。

Q.ネットオークションやフリマアプリでトラブルを防ぐ方法は?
A.以下を参考にしてください。

  • 悪い評価がある人や新規登録者は入札不可にする
  • 傷や汚れ・付属品の欠品を隠さずに記載する
  • 送料やこん包方法・配送方法を明記しておく
  • 仕事や育児などですぐに対応・発送ができない場合は明記しておく
  • 代金支払い後の発送を条件にする
  • 入札者や入札希望者の質問には迅速かつ丁寧に対応する
  • 落札後、入金が確認されたらなるべく早く発送する

Q.複数台のプリンターを処分するのにおすすめの方法は?
A.不用品回収業者に処分を依頼するとよいでしょう。自分で運ぶ手間がかからず、都合のよい日時に回収してもらえるので何かと便利です。プリンター以外の不用品もまとめて処分を依頼することをおすすめします。

まとめ

今回は、プリンターの処分について詳しく解説しました。故障や買い替えなどで不要になったプリンターを処分する場合、自治体回収でゴミに出す以外にもさまざまな方法があります。たとえば、まだ中古品として十分に使えるものは、買取に出すことも可能です。故障などで使えなくなったものでも、不用品回収業者に処分してもらうと再資源化されて有効活用できます。まずは、それぞれの処分方法のメリット・デメリットをよく理解し、最もメリットが大きな方法で処分するとよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス