家具は買取に出せるのか? 売れない家具と買取対象になる家具の違い


「不要になった家具をそのままゴミとして処分するのはもったいない」と、捨てられずに悩んでいる方は多いでしょう。あなたにとってはゴミになるものでも、高値で売れる家具があります。たとえば、人気ブランドやメーカーもの、人気がある家具などです。処分するのはとてももったいないことなので、高価買取のポイントをチェックしておきましょう。

本記事では、家具を買取に出す方法や高く売るコツなどを解説します。

  1. 買取対象となる家具は?
  2. 家具を買取に出す方法と高く売るコツ
  3. 買取業者を選ぶ際のポイント
  4. 家具の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、家具を高く売るポイントや買取業者選びのコツなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.買取対象となる家具は?

家具は買い取ってもらうことができるのでしょうか。まずは買取対象となる家具の特徴を解説します。

1-1.まだ再利用できる家具は買取対象に

買取対象となる家具は、再び使うことができる状態のものに限ります。たとえば、テーブルの場合、脚が折れているとテーブルとしての役割が発揮できません。グラグラと揺れていたり、激しく傷んだりしている家具も買い取ってもらいにくい傾向があります。まずは、正常に使うことができるかチェックすべきでしょう。査定前に、不具合がないか、きちんと家具として活用できるか確認してください。

1-2.人気のあるブランドやデザインの家具は売れる

一体どんな家具が売れるのか疑問に思うかもしれませんが、正常に使える状態であるのはもちろん、人気のあるブランドやデザインの家具は売れる傾向にあります。中古市場でも人気がある家具なので、ほとんどの業者で買い取ってもらえるでしょう。特に、家具ブランドの中でもイタリアブランドの家具は世界的に人気があります。カッシーナ・あるフレックス・ナツッジといったイタリアブランドや、マスターウォール・カリモク、飛騨産業といった国内人気ブランドの家具も買い取ってもらえる可能性が高い人気家具です。

1-3.ソファーやベッドは中古品になると価値が一気に下がる

中古品が人気の家具とそうでない家具があります。元値が高いブランド家具は中古品になっても高価買取が期待できますが、ソファーやベッドなど体との接地面積が多い家具は中古品になると価値が下がってしまいがちです。直接肌に触れ合う家具だと、使用感がどうしても重要となり、できるだけ使っていない状態のほうが好ましい状態となります。たとえ、人気ブランドのものでも長く使用し続けてきたベッドやソファーは査定額が低くなるでしょう。逆に、食器棚やテーブルなど体と密着することのない家具は中古でも売れやすい傾向にあります。

1-4.買い取ってもらえない家具もある

前述したように、汚れている家具や激しい傷がついている状態のものは買い取ってもらえないケースがほとんどです。新品のときに高価だったものでも消耗している家具は買取が断られる可能性が高いといえるでしょう。また、デザインが古かったり、すでにモデルがいくつか出てしまったりしている家具も買取不可になる可能性があります。さらに、1度組み立てた家具をもう1度組み立てるとゆがんでいたり、ネジが使いものにならなかったりする組み立て家具も買い取ってもらえないところがほとんどです。ガラステーブルなど運搬が困難な家具も買取不可になりやすい傾向があります。

2.家具を買取に出す方法と高く売るコツ

それでは、家具を買取に出す方法と高く売るコツについて解説します。

2-1.買取専門店またはリサイクルショップを利用する

買取に出す主な方法としては、買取専門店またはリサイクルショップに依頼することです。価値がある家具ほど、買取専門店に依頼することをおすすめします。中古市場においてどんな家具が売れるのか、情報を常に把握しているからです。家具を中心に買取を行っている業者ほど、より適切な査定額を提示するでしょう。中古市場において需要が高い家具は買取専門店に、買い取ってもらえなかった家具はリサイクルショップに査定を依頼してください。

2-2.買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼する

買取専門店やリサイクルショップのほかに、買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者に依頼する大きなメリットは、買取不可になっても回収してもらえることです。わざわざほかの店舗に処分を依頼する必要がないため、家具の処分時に手間と時間がかかりません。また、家具のほかに処分したい買い取ってもらいたい不用品があれば、まとめて依頼できるのも大きなメリットといえるでしょう。出張回収・買取を利用すると自宅にいながらも査定を依頼し買い取ってもらうことができます。

2-3.まとめ売りをする・セットで売る

家具を1つずつ買取に出すよりも、まとめて売ったほうが高価買取が期待できるでしょう。特に、イス+テーブル、本棚+デスクといったセットものは、セットとして売ったほうが買い手がつきやすく、業者側にとっても理想の形で売却できるからです。家具の売却を検討している方は、できるだけまとめて売るようにしてください。セットまたはシリーズものとして購入した場合は、購入時そのままの状態にしてから査定を依頼するといいでしょう。

2-4.付属品をそろえて売る

購入時に、予備のネジや取扱説明書などの付属品がついてきたはずです。付属品は高価買取の重要なポイントとなります。買取業者の中には、付属品がなければ買取不可になってしまうところもあるほどです。特に、高級ブランドの家具には、そのブランドの証(あか)しとなる保証書がついています。保証書がなければ買取不可になる可能性があるため、査定を依頼する前に、保証書や付属品をそろえてください。どうしても見つからない場合は、その旨を業者にしっかりと伝えることが大切です。

2-5.汚れやホコリをきれいに拭き取る

家具の状態をチェックする際に、汚れがついていないかもしっかりと確認してください。長く使い続けてきた家具ほど傷んでいると思いますが、除去できる汚れもあるはずです。ホコリや汚れはある程度きれいにしてから査定に出したほうが高価買取が期待できます。家具の多くは木製でできているため、固くしぼった雑巾を使って軽く水拭きをしましょう。水拭きするのが心配な方は、マイクロファイバータオルなどでサッとホコリを拭き取るだけでも構いません。クリーナーや洗剤などは使わないようにしてください。

3.買取業者を選ぶ際のポイント

ここでは、買取業者を選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

3-1.どんなものを買い取っているのか

買取業者によって特徴があることをご存じでしょうか。家具の買取に強いところもあれば、ブランドものを中心に扱っているところもあるなど、業者によって強みがそれぞれ違います。だからこそ、家具の買取強化に力を入れているか、どんなものを買い取っているのかがポイントです。ホームページ等をチェックして、家具の買取実績があるかどうかも確認してください。できるだけ、豊富な実績を持っている業者のほうが、適切な査定額を提示してくれる傾向があります。無料査定を依頼する際は、なぜこの査定額になったのか説明を受けることが大切です。きちんと詳しく説明してくれるところなら、安心して依頼できるでしょう。

3-2.買取業や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか

買取業者や不用品回収業者を選ぶ際に注目してほしいのは、買取業や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているかです。基本的に、都道府県から許可証を取得しなければ、買取業や不用品の回収業を行うことはできません。ホームページや店舗などに許可番号が掲げられていない業者は、悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。悪徳業者を見極める1番のポイントとなるため、依頼前に必ず確認してください。

3-3.出張買取を行っているか・見積書の内容が細かく記載されているか

テーブルなど大型家具を買取に出す場合、出張買取を行っているか確認する必要があります。自分たちで運び出すには困難な作業となるため、業者に搬出と運搬を依頼することになるからです。出張買取を行っていない業者に依頼すると、自分たちで搬出・運搬せざるを得なくなります。事前に、出張買取を行っているかチェックしておけば、スムーズな買取が可能になるでしょう。また、出張買取を利用する際は、出張費や運搬費がいくらかかるのかにも注目してください。悪徳業者は高価な手数料を請求する恐れがあるため、見積書の確認は必要不可欠です。

3-4.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

悪徳業者のスタッフは対応が悪く、迅速に対応してくれない傾向があります。そのため、スタッフの対応が丁寧かつスピーディーかチェックすることも大切なポイントです。どんな質問に対しても、優良業者のスタッフなら適切かつより詳しく説明してくれるでしょう。しかし、悪徳業者は具体的な説明もなくすぐに取り引きを始めようとする傾向があります。少しでも不安要素がある場合は、安易に依頼しないほうがいいでしょう。

4.家具の買取に関してよくある質問

家具の買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんな家具が高く売れるのか?
A.使用感があまりない状態のいい家具ほど売れる傾向があります。ただし、大量生産されているような家具は、どんなにいい状態でも元値が安いので買取額も下がるでしょう。状態がよく人気ブランドで手に入りにくい家具ほど、中古市場で大きな需要があります。たとえば、カッシーナ・アルフレックス・ハーマンミラーなどの高級家具は高価買取が期待できるはずです。複数の業者に査定を依頼すれば、最も高値がついた業者を選ぶことができるでしょう。

Q.買取不可になった家具はどうすべきか?
A.自治体回収で処分するか、不用品回収業者に処分してもらう方法で捨てることになります。ただ、捨てるのがもったいなく感じるなら、欲しがっている人が周囲にいないか尋ねるといいでしょう。新生活を始める人や引っ越しを考えている人の中には、中古の家具を求めている人がいるかもしれません。周囲に求めている人がいないか探してみるのも方法の1つでしょう。

Q.自分で売る方法は?
A.ネットオークションやフリマアプリを活用する方法があります。実際に、インターネット上ではさまざまな家具が出品されており、落札されているものも多いようです。特に、市場ではなかなか手に入らないレアものや限定もの・ブランド家具などが売れる可能性があります。自分で出品額を決めることができるメリットはありますが、こん包し相手に送らなければならないという手間も発生するので注意してください。

Q.出張買取サービス選びのポイントは?
A.売りたい家具に合わせてサービスを選ぶことが大切なポイントです。まずは、どんな家具が買取対象になっているのかチェックしてください。買取業者によって高級なアンティーク家具やブランド家具・デザイナーズ家具だけを対象にしている専門業者や、ノーブランドの買取を行っていないところがあります。せっかく時間をとって出張買取を依頼したのに、買取対象になるものがなかったということになれば時間の無駄です。

Q.おすすめの不用品買取業者は?
A.不用品回収の買取を行っているエコアースです。回収と買取の両方を行っているからこそ、買取不可になっても回収してもらうことができます。大量の不用品もまとめて依頼できる定額パックプランも用意しているため、お得な処分が可能です。無料相談や無料見積もりも受けつけているので悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

まとめ

基本的に、買取対象となる家具は正常に使うことができるものです。完全に壊れていたり、グラグラしたりしている家具は買取対象になりません。たとえ、人気があるメーカーや高級ブランドであっても、激しい汚れや不具合がある家具は買い取ってもらえない可能性があります。買い取ってもらえるか分からない家具は1度査定に出してください。複数の業者に査定を依頼することで、最も高値がついた業者に依頼でき、悪徳業者の見極めもできるようになるでしょう。また、付属品をそろえたり、きれいにしたりするなどの高価買取ポイントも要チェックです。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス