家電の廃棄はどうやる? 具体的な方法や買取について詳しくご紹介


不要になった家電は早く廃棄したいと思っても、ゴミの分別ルールなどが複雑なため、思うようにできないのが悩みです。家電は何ゴミに該当するのか、どのように廃棄すればいいのかなど、さまざまな疑問も出てきます。家電の廃棄方法やリサイクルを目的とした回収などについて、事前に理解しておくことが大切です。

そこで、本記事では、家電リサイクル法やリサイクルの一つとなる買取に出す方法についてご紹介します。

  1. 家電は何ゴミに分別されるのか?
  2. 家電リサイクル法対象品目は自治体で回収できる?
  3. 家電を廃棄する方法
  4. 買取対象となる家電は?
  5. 家電を買取に出す方法
  6. 家電の廃棄でよくある質問

家電は、内部に有用性がある金属を含んでいます。廃棄するだけでなく、リサイクルを視野に入れ、買取に出すことも考えてみましょう。

1.家電は何ゴミに分別されるのか?

近年は、ゴミの分別ルールが厳しくなっています。家電は何ゴミに分別されるのかを見ていきましょう。

1-1.粗大ゴミ

自治体では、家電を粗大ゴミとして回収する場合があります。粗大ゴミは費用負担が軽いのがメリットです。しかし、事前申請や運搬など手間がかかるデメリットがあります。また、廃棄できる日程が限られているため、家電の廃棄を急ぐ方には向きません。

1-2.不燃ゴミ

サイズが小さな家電は、不燃ゴミとして回収可能な場合があります。自治体によって分別ルールが異なるため、事前に確認が必要です。不燃ゴミとして出すことができる場合は、指定ゴミ袋に入れ、回収日にゴミステーションへ出してください。

1-3.小型家電リサイクルボックス

自治体では、小型家電リサイクルボックスを設置しています。設置場所は、家電量販店や公共施設などです。設置場所に持ち込み、投入口から入れるだけでリサイクル回収が完了します。無料で利用できるのがメリットです。ただし、投入口のサイズが決まっているため、投入口に入らないものは小型家電としてリサイクル回収ができません。

2.家電リサイクル法対象品目は自治体で回収できる?

家電リサイクル法の対象品目は、自治体で回収してもらえるのでしょうか? 家電リサイクル法について解説します。

2-1.家電リサイクル法の対象品目は自治体では回収できない

家電リサイクル法の対象品目であるエアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫は、法律でリサイクルを推進しているため、自治体での回収ができません。法律に沿って、リサイクル回収に出す必要があります。とはいえ、購入店舗などが分からない場合は、自治体に問い合わせをし、指定引取場所を教えてもらいましょう。リサイクル料金を郵便振り込みで支払い、指定引取場所に持ち込みをすることで、リサイクル回収が完了します。指定引取場所は、一般財団法人家電製品協会のホームページでも検索可能です。

2-2.家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法は、2001年4月1日に施行された法律です。対象品目であるエアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫には有用性が高い金属資源が含まれています。そのため、ゴミの削減・新たに採掘することによって起こる環境破壊の抑制・金属資源の有効活用を目的に、リサイクル回収を推進しているのです。

2-3.家電リサイクル法の対象品目を通常ゴミとして廃棄すると罰則を受ける

家電リサイクル法の対象品目を正しくリサイクル回収に出さず、通常ゴミとして出した場合、不法投棄とみなされ、罰則を受ける場合があるので注意してください。不法投棄の罰則は厳しく、1,000万円以下の罰金もしくは5年以下の懲役刑です。業務用として使っていた場合、法人が不法投棄をすると、個人より厳しい刑罰と社会的制裁を受けることになります。

3.家電を廃棄する方法

家電を廃棄する方法を詳しくご紹介します。

3-1.購入した店舗に依頼する

ヤマダ電機やビックカメラなどの購入した店舗に依頼すれば、処分費用が比較的安く抑えられます。買い替えで家電を廃棄する場合は、買い替えキャンペーンなどを行っている店舗であれば、通常より割安な処分費用で廃棄を依頼することができるでしょう。ただし、上階からの搬出などがある場合、手数料が上乗せされるケースもあるので注意してください。

3-2.メーカーに依頼する

メーカーに家電の廃棄を依頼する方法もあります。家電の種類によっては、無料で回収してもらえる可能性があるでしょう。しかし、メーカーが外部の事業者を利用して回収する場合は、収集運搬費用などの手数料が発生する場合があります。また、メーカーによる回収は、申し込みから引き取りまで時間がかかるケースがあるため、急いで廃棄したい場合には向きません。

3-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、さまざまな家電の回収を行っています。迅速な回収がモットーであるため、即日対応が可能なのが、不用品回収業者を利用するメリットです。ただし、回収費用が割高で、家電1点あたり数千円かかります。また、家電リサイクル法の対象品目は、リサイクル料金の支払いが必要となるので注意してください。不用品回収業者では、家電の回収だけでなく買取にも対応している場合があります。見積時に、買取を希望する旨を伝えてみましょう。

3-4.業務用として使用していた家電は産業廃棄物収集運搬業者へ依頼する

業務用として使用していた家電は、産業廃棄物として廃棄しなければなりません。家電リサイクル法に基づいたリサイクル回収も受けることができないので注意してください。産業廃棄物収集運搬業の許可を得た業者へ依頼し、回収してもらいましょう。

4.買取対象となる家電は?

買取対象となる家電の特徴や、買取してもらう際の条件などについてご紹介します。

4-1.買取対象となるもの

買取対象となる家電は、高年式・傷や汚れがない・動作が正常にできるものです。また、有名メーカーのものが、買取では好まれる傾向にあります。無名メーカーのものは買取価格がつかない可能性があるでしょう。

4-2.人気がある家電のメーカー

国内大手メーカーが買取では有利です。たとえば、以下のようなメーカーがあるので、参考にしてください。

  • ダイキン
  • パナソニック
  • 富士通
  • 三菱
  • 東芝
  • 日立
  • シャープ
  • ソニー
  • NEC

家電の種類によって、人気があるメーカーは異なります。エアコンなら、コロナやダイニチ工業なども人気があるでしょう。

4-3.高年式でも動作不良があるものは買取対象外

高年式の家電でも、動作不良や不具合があるものは、買取対象外となります。買取業者は、再販を目的に買取を行うため、修理やメンテナンスに費用がかかるものは買取してくれません。ただし、修理部品として有用性があると判断された場合、無料で引き取りとなる可能性はあるでしょう。

5.家電を買取に出す方法

家電を買取に出す方法をご紹介します。

5-1.リサイクルショップ

リサイクルショップでは、家電の買取を行っています。いつでも都合がいいときに立ち寄ることができるため、気軽に利用できることがメリットです。しかし、リサイクルショップは買取基準を厳しく設定しているため、わずかな汚れや傷があるだけでも、買取価格が下落する可能性があるでしょう。また、査定時に持ち込みが必要となるので、運搬手段を確保しなければならないのがデメリットです。

5-2.家電買取専門業者

家電の買取実績が豊富で、取り扱いメーカーも幅広いのが家電専門買取業者を利用するメリットです。買取方法はさまざまで、宅配買取・持ち込み買取・出張買取などがあります。利用しやすい買取方法に対応してくれる業者を選びましょう。ただし、業者の質はそれぞれ異なるため、事前にクチコミや評価をリサーチし、評判がいいところを選ぶことが大切です。

5-3.不用品回収業者

不用品回収業者に買取を依頼する方法もあります。家電の廃棄と買取を1回で終えることができるのがメリットです。廃棄する家電があっても、買取できるものがある場合、処分費用の節約につながります。出張買取がメインで、迅速に対応してくれるのも魅力です。ただし、出張費用がかかる場合があるため、業者の料金体系をよく確認しておきましょう。

5-4.個人売買

個人売買は、ネットオークションやフリマサイトを利用して、家電を売却する方法です。個人売買は自由度が高く、希望価格での出品ができるのがメリットでしょう。しかし、売却が成立した場合、販売手数料や送料を負担しなければなりません。赤字にならないよう、価格設定には注意してください。また、個人売買は、買い手とのマッチングまでに時間がかかる傾向があります。急いで廃棄したい方は、ほかの方法を考えましょう。

6.家電の廃棄でよくある質問

家電の廃棄に関する質問を集めました。

Q.家電量販店に家電の廃棄だけを依頼することはできるのか?
A.できる場合があります。事前に電話で問い合わせておいたほうがいいでしょう。また、廃棄にかかる費用も店舗ごとに異なります。家電の廃棄を引き受けてくれる場合は、処分費用についても確認しておきましょう。

Q.引っ越しで家電を廃棄する場合、引っ越し業者に依頼することはできるのか?
A.はい、できます。引っ越し作業と家電の廃棄を同時にできるのがメリットです。ただし、家電の廃棄はオプションとなるため、引っ越し費用が高くなるでしょう。また、引っ越し業者は買取に対応していないケースがあるので注意が必要です。利用価値がある家電は、専門業者などで買取査定を受けたほうが、引っ越し費用の節約につながるでしょう。

Q.家電を廃棄せず、買取に出すメリットは?
A.買取に出すメリットは、廃棄にかかる費用を節約し、わずかでも収益を得られることです。また、家電をリサイクルすることでゴミを削減し、環境保護や地球温暖化防止に貢献できます。

Q.家電の買取業者はどうやって探せばいいのか?
A.インターネットで探してみましょう。「家電 買取」などのキーワードで探します。地名を加えると、近隣の買取業者が見つかるでしょう。大阪・札幌・東京などの地名を入力してください。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントは?
A.家電の廃棄にかかる費用が明確・買取価格が高い・迅速な対応などにポイントを置いて選びましょう。不用品回収業者のエコアースでは、他店よりも高値での買取をモットーにしています。高額買取を希望されている方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

まとめ

家電は、ゴミの分別が複雑なこともあり、廃棄の仕方で迷うことが多いでしょう。家電リサイクル法の対象品目をはじめ、有用性がある金属はリサイクルが推進されているため、なるべく廃棄せず、買取などを利用しましょう。買取は、家電買取専門業者や不用品回収業者などがおすすめです。複数の業者を比較し、買取価格や対応などを見て決めましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス