フライパンを処分したい人は必見! 最も簡単&お得な方法を解説!


「古いフライパンを処分したいが、どんな方法で処分できるのだろう」「フライパンをできるだけお得に処分する方法を知りたい」とお考えではありませんか? 傷んでしまったなどの理由で新しいフライパンに買い替えたくても、処分方法が分からないのでは困りますよね。それに、なるべく簡単でお金がかからない方法で処分できるに越したことはありません。

そこで今回は、フライパンの処分について詳しく解説します。

  1. フライパンを処分するタイミングは?
  2. フライパンは何ゴミに分類される?
  3. 自治体回収でフライパンを処分する方法
  4. フライパンをお得に処分する方法
  5. フライパンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、フライパンを処分するときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.フライパンを処分するタイミングは?

最初に、フライパンを処分するべきタイミングについて見ていきましょう。

1-1.傷やコーティングのはがれが目立つ

傷やコーティングのはがれが目立つようになったら、フライパンを処分するタイミングです。傷があると雑菌が繁殖して、不衛生になりやすくなります。コーティングがはがれているものは、調理時にさらにはがれて混入する可能があるでしょう。衛生面や安全面を考えると、傷やコーティングのはがれが目立つフライパンは処分することをおすすめします。

1-2.汚れ・臭い・コゲ付きがひどい

フライパンに汚れや臭い・コゲの付着がひどくなったら、処分してください。フライパンは、使い続けるうちに表面に細かな傷ができたり素材が劣化したりして、汚れが付着しやすくなります。また、臭いが強かったり色が濃かったりする食材を使うと、フライパンにこびり付いてしまいがちです。さらに、フライパンを使い続けるうちに、裏面にコゲ付きが目立つようになります。しっかり洗っても汚れ・臭い・コゲ付きが取れないようなら、フライパンの寿命と考えて処分しましょう。

1-3.持ち手がぐらつく

フライパンの持ち手がぐらつくようになったら、処分しましょう。フライパンの持ち手がぐらつくと、安全に調理できません。持ち手がフライパン本体に金具で固定してある場合は、自分で直したりメーカーに依頼して調整してもらえたりするものもあります。しかし、多くのフライパンは、持ち手のぐらつきを調整できないため、処分するのが妥当です。

1-4.フライパンの性能が落ちた

フライパンの性能が落ちたと感じるときも、処分するタイミングといえます。たとえば、フッ素樹脂などでコーティングされたフライパンは、油を使わなくても調理時に食材が付着しづらいことが特徴です。しかし、使用しているうちにコーティングがはがれたり劣化したりして、十分な効果を得られなくなります。本来の性能を発揮できなくなったフライパンは、処分しましょう。

2.フライパンは何ゴミに分類される?

フライパンが自治体回収で何ゴミに分類されるか詳しく見ていきましょう。

2-1.不燃ゴミ

フライパンは主に金属でできており焼却処分できないため、多くの自治体で不燃ゴミに分類されます。不燃ゴミとして出した場合の処分費用は、無料です。なお、フライパンを不燃ゴミに出した場合、基本的にはリサイクルされず廃棄処分になります。そのため、環境にやさしい処分方法ではありません。

2-2.資源ゴミ・金属ゴミ

自治体によっては、フライパンを資源ゴミや金属ゴミに分類することがあるので確認してみてください。フライパンを資源ゴミや金属ゴミなどで処分する場合は、自治体が指定した曜日・時間・集荷場所に出しましょう。自治体により、無料で回収してもらえます。資源ゴミや金属ゴミは、回収後に再資源化されることから貴重な資源を有効活用できる処分方法といえるでしょう。

2-3.粗大ゴミ

規定の大きさ以上のフライパンは、粗大ゴミとして分類する自治体が多くなります。たとえば、持ち手を除く大きさが30cm以上のフライパンは粗大ゴミ、30cmに満たない場合は不燃ゴミとして扱うなどです。粗大ゴミに分類される基準は自治体ごとに異なるので、確認しておいてください。

3.自治体回収でフライパンを処分する方法

自治体回収でフライパンを処分する方法を、詳しく見ていきましょう。

3-1.不燃ゴミ・資源ゴミ・金属ゴミは決まった曜日・時間に出す

フライパンを不燃ゴミ・資源ゴミ・金属ゴミなどで処分する場合は、自治体で決められた曜日・時間・集荷場所に出しておくと、自治体によって回収してもらえます。なお、自治体によっては、指定ゴミ袋などに入れる必要があるので事前に確認してください。ルール違反をしたものは、回収してもらえないことがあります。

3-2.粗大ゴミは事前予約が必要で日時・場所指定になることが多い

フライパンを粗大ゴミで出す場合の一般的な流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、受付番号・集荷日時・集荷場所・料金などの指示を受ける
  2. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入し、フライパンに貼り付ける
  4. 集荷当日になったら、指定時間・集荷場所にフライパンを出しておく
  5. 自治体がフライパンを回収して完了

なお、自治体によっては自宅前での集荷が可能なケースもあります。詳しくは、自治体の粗大ゴミ回収ルールを参考にしてください。

4.フライパンをお得に処分する方法

自治体回収に出す以外で、フライパンをなるべくお得に処分する方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.知人に譲る

不要になったフライパンでも、未使用品なら知人に譲ることも考えてみましょう。特に、引っ越しや結婚の予定がある人は、喜んで使ってもらえる可能性があります。譲り先が知人なら安心感があるのもメリットでしょう。なお、知人に譲る場合は、配送料が自己負担となったり配送の手配をする必要があったりすることが多いことを理解しておきましょう。

4-2.販売店やメーカーの下取りや引き取りサービスを利用する

フライパンを買い替える場合は、販売店やメーカーの下取りや引き取りサービスを利用できないか確認してみましょう。サービスを利用できれば、買い替えと同時に不要なフライパンを処分することが可能です。ただし、フライパンの下取りや引き取りサービスを行っている販売店やメーカーは少なく、期間限定で実施するケースもあります。また、下取りや引き取りだけで利用できない、一定金額以上購入する必要があるなど、何かと制限がかかるのがデメリットです。

4-3.ガレージセールやフリーマーケットで売る

ガレージセールやフリーマーケットでフライパンを売ることもできます。自宅が一軒家なら、庭先にフライパンなどを並べ、好きな価格を付けてガレージセールを行うとよいでしょう。フライパンのほかにもさまざまな不用品を置いておけば、多くの人に見てもらえます。ガレージセールに抵抗があったり集合住宅などで実施できなかったりする場合は、公園などで行われるフリーマーケットに出店してみるのもおすすめです。ただし、必ずしも売れると限らず、雨天は実施が難しいなどのデメリットもあります。また、フリーマーケットは1か月以上前から申し込みが必要なことが多いので注意してください。

4-4.リサイクルショップに売る

不要になったフライパンでも、未使用品ならリサイクルショップに売ることも可能です。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込んで査定を受けてみましょう。提示金額に納得できる場合は、フライパンを引き渡して代金を受け取ってください。なお、リサイクルショップは買取専門です。そのため、買取不可となった場合でも引き取り処分を依頼することはできません。また、多くの個人店で店頭持ち込みだけに対応していることから、自分の車で持ち込む必要があります。

4-5.ネットオークションやフリマアプリに出品する

フライパンをネットオークションやフリマアプリに出品し、売ることもできます。リサイクルショップなどで買取不可になったものでも売れる可能性があり、自分で売りたい価格を設定できるのもメリットです。ただし、タイミングによってはなかなか売れない、クレームや支払い遅延などのトラブルも多いなど、初心者にはハードルが高い方法になります。普段から取り引きし慣れている人は、検討してみるとよいでしょう。

4-6.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったフライパンは、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。不用品回収業者に依頼した場合、以下のように多くのメリットがあります。

  • 回収日時や場所を指定できる
  • 集荷場所まで運ぶ手間や労力がかからない
  • フライパン以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • フライパンの状態によっては買取してもらえることもある

なお、フライパンだけの処分で依頼する場合、回収方法によっては処分費用が高く付くことがあります。たとえば、フライパン以外の不用品を同時に処分・買取依頼すれば、それぞれ依頼するよりも割安に処分できるので検討してみるとよいでしょう。

5.フライパンの処分に関するよくある質問

最後に、フライパンの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.回収後のフライパンはどんな方法で再資源化される?
A.資源リサイクルセンターなどで素材ごとに分類され、不純物を取り除いた後で溶解し、再生資源として活用されます。

Q.複数のフライパンを1回で不燃ゴミに出してもよい

A.まずは、自治体の回収ルールを確認してください。自治体によっては、1回で出すことができる不燃ゴミの量に制限があります。場合によっては、不用品回収業者に依頼するなどの方法も検討してみるとよいでしょう。

Q.木製の持ち手は取り外して別途処分すべきか?
A.自治体回収にゴミとして出す場合は、自治体の回収ルールに沿ってください。なお、不用品回収業者に処分を依頼する場合などは、取り外さなくて構いません。

Q.買取対象になるフライパンの条件は?
A.以下のような条件を満たすフライパンは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 未使用品
  • 有名メーカー・ブランド品(ティファール・貝印など)
  • 高品質
  • 使いやすいサイズ(直径20~28cm程度)
  • 目立つ汚れや傷・ひどい臭いがない
  • 購入時の箱や説明書などがそろっている
  • 贈答用のセット品

Q.信頼できる不用品回収業者の選び方は?
A.以下の条件を満たす不用品回収業者を選ぶと安心です。

  • 不用品回収の実績が豊富
  • 回収後の不用品は可能な限り再販・再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時・場所で回収してもらえる
  • スタッフが親切で顧客からの評判がよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、不要になったフライパンの処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、フライパンの処分について詳しく解説しました。不要なフライパンは、自治体回収にゴミとして出す、知人に譲る、買取に出す、扶養費回収業者に依頼するなど、さまざまな方法で処分できます。まずは、それぞれのメリットやデメリットを知り、最もメリットが大きな方法を選ぶとよいでしょう。フライパン以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時・場所を指定できて便利です。この記事を参考に、信頼できる業者を選んで問い合わせてみるとよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス