コピー機の正しい処分方法は? 業務用コピー機の処分方法や注意点なども


「コピー機を処分したいけど方法が分からない」「自分で運搬できない場合はどうすればいいのか」など、コピー機の処分で悩んでいる方は多いでしょう。コピー機と言っても家庭用と業務用で処分方法が大きく異なります。間違った方法で処分しないように、正しい処分方法を知ることが大切です。

本記事では、コピー機を処分する方法や注意点などを解説します。

  1. コピー機を処分する前に確認すべきこと
  2. 自治体でコピー機を処分する方法
  3. 業務用コピー機の処分方法は?
  4. コピー機をお得に処分するポイント
  5. コピー機の処分に関してよくある質問

本記事を読むことで、コピー機をお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.コピー機を処分する前に確認すべきこと

まずは、コピー機を処分する前に確認してほしいことをいくつか説明します。

1-1.不具合がないか・正常に稼働するか

コピー機の状態によってはゴミとして捨てるのではなく、買取業者やリサイクルショップなどに買い取ってもらうことができます。そのため、まずはコピー機の状態を確認してください。正常に稼働するのはもちろん、不具合がないかもチェックしましょう。不具合がある場合は、どんな不具合が起きているのかメモをしておくと査定時に説明しやすくなります。業者側にとっても査定がスムーズに行えるでしょう。

1-2.コピー用紙とトナーを取り外す

コピー機を処分する前に、コピー用紙とトナーを必ず取り外してください。たまに、取り外しを忘れてそのまま処分してしまうケースがあります。業者の手間と時間がかかってしまうのでスムーズに処分・買取ができなくなってしまうでしょう。特に、複合機はいろいろなサイズのプリント用紙が入るため、普段からよく使うコピー用紙以外にも入っていないか確認が必要です。そして、コピー用紙と併せてトナーもきちんと取り外しましょう。トナーを入れたままにしておくと後でトラブルになってしまいます。

1-3.印刷データや住所録などをすべて削除する

会社で使用する業務用コピー機は印刷データや住所録などが登録できる機能がついています。それらの情報をきちんと削除して処分しなければ、データが流出してしまうので注意が必要です。特に、会社で使用したデータは社内情報だけでなく、取引先といった絶対に流出してはいないデータもあるでしょう。固定電話機と同じ方法でデータが消去できるので、処分前に必ず確認してください。

2.自治体でコピー機を処分する方法

それでは、自治体でコピー機を処分する方法を解説します。

2-1.家庭用コピー機は粗大ゴミとして処分する

コピー機は家庭リサイクル法の対象品目ではないため、粗大ゴミとして処分が可能です。ほとんどの自治体では、一辺が30cm以上のコピー機は粗大ゴミ扱いになるでしょう。粗大ゴミとして処分する場合は、地元のスーパーまたはコンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入しなければなりません。粗大ゴミ処理券を購入した後、コピー機に貼りつけて回収指定場所に運びます。回収日が決まっているため、事前に確認することが大切です。また、自治体によって処分方法が異なるので具体的な方法もチェックしてください。

2-2.小型家電リサイクル法の対象になることも

自治体によっては、小型家電リサイクル法の対象品目になっているケースがあります。小型家電回収リサイクル法とは、携帯電話や電子辞書などの小型家電を対象にリサイクル回収を行う法律です。あくまで自治体主体となるので絶対ではありませんが、お住まいの地域によっては家電リサイクル法に基づいて処分することになるでしょう。ただし、コピー機の大きさやサイズによるため、分からない方は自治体に問い合わせてください。

2-3.業務用コピー機は自治体回収で処分できない

自治体でコピー機を処分する際に注意しておきたいのが、会社や工場などで使用した業務用コピー機です。業務用は家庭用とは違って、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物は自治体回収ができないので注意してください。一般的に、自治体の認可を受けた回収業者か産業廃棄物収集運搬許可を取得した不用品回収業者に依頼することになります。

3.業務用コピー機の処分方法は?

では、業務用コピー機はどのように処分すればいいのでしょうか。具体的な方法を解説します。

3-1.産業廃棄物処理業者に依頼する

産業廃棄物となる業務用コピー機は、産業廃棄物処理業者に依頼するケースがほとんどでしょう。法律によって、各事業者が自らの責任で適正に処理することが義務づけられているからです。一般的に、事業で発生したゴミは産業廃棄物と事業系一般廃棄物の2種類があります。事業用コピー機は産業廃棄物となるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者に依頼するのがポイントです。きちんと許可を取得しているか確認しましょう。許可を取得していない業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

3-2.不用品回収業者に回収してもらう

業務用コピー機は不用品回収業者に回収してもらうこともできます。ただし、産業廃棄物扱いになるため、前述したように産業廃棄物収集運搬許可証が必要です。また、許可を取得していなくとも、産業廃棄物収集運搬処理業者と提携しているかチェックするといいでしょう。どちらかの条件がクリアできていれば、安心して依頼できるはずです。また、不用品回収業者はコピー機のほかに要らなくなった不用品やコピー機の付属品なども併せて処分できます。一気に大量のコピー機を処分したい場合におすすめです。

3-3.メーカーに回収を依頼する

業務用コピー機の処分方法として、メーカーに回収を依頼する方法があります。メーカーの中には、自社で生産した業務用コピー機を引き取ってくれるところがあるので気になっている方は問い合わせるといいでしょう。今まで使っていたコピー機を引き取ってもらえないか尋ねることが大切です。ただし、メーカーに依頼する場合、産業廃棄物処理業者や不用品回収業者に依頼した場合と比べると割高になる可能性があります。費用を安く抑えたいなら別の方法で処分したほうがいいでしょう。

3-4.買取業者またはリサイクルショップに買い取ってもらう

業務用コピー機でもまだ使える状態なら、買取業者またはリサイクルショップに買い取ってもらうことができます。家庭用コピー機とは違って、業務用コピー機は元値が高いので高価買取が期待できるでしょう。高く買い取ってもらいたいなら、事前に状態を確認することが大切です。また、買取業者に慎重に選んでください。複数の業者を比較すれば、高値で買い取ってもらえる業者に依頼できます。

4.コピー機をお得に処分するポイント

ここでは、コピー機をお得に処分するポイントを解説します。

4-1.欲しがっている人や周辺会社に引き取ってもらう

できるだけ、処分費用をかけたくない方は、周囲に欲しがっている人がいないか探してください。使わないコピー機を無料で引き取ってもらえるかもしれません。もちろん、処分費用はかかりませんし、捨てるのがもったいないと思っていたコピー機を再利用してもらうことができます。業務用コピー機でも周辺会社や事業を立ち上げる人が求めているケースもあるでしょう。複合機は非常に高価なものなので、高くて買えない会社に引き取ってもらいやすい傾向があります。

4-2.商品購入時の下取りサービスを利用する

故障などが原因で新しいコピー機の購入を検討している方は、商品購入時の下取りサービスを利用する方法もあります。テレビショッピングやインターネットサイトでは、下取りサービスを実施しているところがあるでしょう。故障したコピー機でも回収してくれたり、処分作業の一切を代行依頼したり、さまざまなメリットがあります。ただし、新しいコピー機を購入しなければ回収してくれない・コピー機以外の不用品をまとめて処分できないという点がデメリットです。けれども、下取りサービスが利用できればお得に処分できるでしょう。

4-3.インターネットオークションやフリマアプリで売却する

お得に処分するポイントとして、インターネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。実際に、大手のネットオークションをチェックしてみると、定期的にコピー機の中古品が出品されていました。使わないコピー機を自宅で出品でき、最新モデルであるほど最初につけた額よりも高額で売れる可能性があります。ただし、落札されたとしてもコピー機を送らなければならないという手間と送料が発生してしまうでしょう。その点を踏まえた上で利用してください。

4-4.不用品回収・買取を行っている業者に依頼する

不用品回収だけでなく買取を行っている業者に依頼するのも、コピー機をお得に処分するポイントです。たとえ、買い取ってもらえなかったとしても処分してもらえるので手間と時間がかかりません。また、処分したいものをまとめて依頼すれば、その中に買取可能なものが出てくるケースもあります。買い取ってもらえるものが多くなるほど処分費用にまわすことができるため、お得に処分できるでしょう。東京都を中心に不用品回収・買取を行っているエコアースでは無料見積もり・無料査定が可能です。迷っている方はぜひお問い合わせください。

5.コピー機の処分に関してよくある質問

コピー機の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.小型家電リサイクル法に基づいて処分する際の注意点は?
A.小型家電リサイクル法に基づいて処分する場合は、コピー機のサイズ・大きさに注意が必要です。公共施設や家電量販店などに設置されている小型家電回収ボックスに投かんするという形で処分することになりますが、投かん口に入らないサイズはそこで処分できません。そのため、別の方法で処分しなければならなくなるでしょう。

Q.高価買取のポイントは?
A.査定前に何も入っていない状態にすること、そして付属品をそろえることが高価買取のポイントとなります。できるだけ、購入時に近い状態にしたほうが買い手がつきやすくなるからです。特に、複合機はさまざまな機能がついているため、取扱説明書がなければ買い取ってくれない業者もあるでしょう。また、汚れやホコリがついている場合はきれいに掃除することも大切です。

Q.業務用コピー機を処分する際の注意点は?
A.一般的なオフィスであれば、リースという形で業務用コピー機を使っている可能性があります。リース契約をリース会社と結び、定期的な保守を受けながら期間満了まで同じ機種を使うという方法です。購入またはリースの場合は要らなくなれば自分たちで処分しなければなりませんが、レンタルの場合は注意しなければなりません。レンタルは必要な期間だけコピー機をレンタルすることになるため、不要になったら返却してください。

Q.不用品回収業者に依頼する際、いくらぐらいかかるのか?
A.コピー機の大きさや不用品の量などによって異なりますが、約3,000~1万円になるでしょう。家庭用コピー機は約3,000~5,000円、複合機など業務用コピー機は1万円になる可能性があります。あくまで目安となるため、具体的な費用に関しては回収業者に確認してください。また、回収費用だけでなく基本料金や運搬・搬出費用が数千円かかるケースがあります。見積書の内容をしっかりと確認することが大切です。

Q.注意しておきたい業者の特徴は?
A.街中をトラックでまわって不用品の回収を行っている無料回収業者は利用しないでください。「無料といわれたのに追加費用を請求された」などのトラブルが相次いでいます。無料回収業者に依頼するよりも、適切な費用を支払って正しく処分する不用品回収業者に依頼したほうが安全です。

まとめ

コピー機は粗大ゴミとして自治体回収が可能です。ただし、自治体回収ができるのは家庭用コピー機に限ります。会社などで使用した業務用コピー機は産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物処理業者または許可を取得している不用品回収業者に依頼してください。また、お得に処分したいなら、まだ使えるコピー機を買取に出す方法もあります。複合機で状態がいいコピー機ほど高く買い取ってもらえるでしょう。不用品回収業者の中には、不用品の回収と買取を行っているところがあるのでぜひチェックしてください。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス