パソコンの寿命はどのくらい? 寿命のサインや買い替えの判断基準は?


「パソコンはいつ買い替えるのがベストなのか」「寿命が近づくとどのような不具合が起きるのか?」など、パソコンの寿命について気になっている方は多いでしょう。あらかじめ、パソコンの寿命を把握しておけば、ベストなタイミングで買い替えを行うことができます。また、処分方法を知ることも大切です。

本記事では、パソコンの買い替えポイントや処分方法などを解説します。

  1. パソコンの寿命はどのくらい?
  2. 修理か買い替えかの判断基準
  3. パソコンの寿命を延ばす使い方
  4. 寿命がきたパソコンの処分方法と注意点
  5. パソコンの寿命に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンの買い替えで押さえておきたいポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.パソコンの寿命はどのくらい?

初めに、パソコンの寿命がどのくらいなのか、寿命が近づくとどんなサインが起きるのかチェックしておきましょう。

1-1.パソコンの平均寿命は約5年

メーカーや種類によって異なりますが、パソコンの平均寿命は約5年といわれています。けれども、5年経過したら必ず故障するというわけではありません。使いづらくなったり、不具合が起きやすくなったりしがちですが、正しい使い方をすれば5年以上使うこともできるでしょう。あくまで1つの目安として、パソコンの平均寿命を買い替えのポイントにしてください。また、パソコン本体の故障だけでなく、OSサポートの終了も考慮しましょう。OSはパソコンを動かすために必要な基本ソフトです。OSサポートが終了するとセキュリティーやバージョンが更新できなくなるので注意してください。

1-2.寿命が近くなると起こるサイン

パソコンの寿命が近くなると、さまざまな不具合サインが起きやすくなります。たとえば、プリンターと接続できなくなったり、キーボードから文字が打ち込めなくなったりするなどです。通常は再起動や初期化をすれば直るケースがほとんどですが、以下のサインが現れた際は買い替えを検討したほうがいいでしょう。

  • たびたびパソコンがフリーズしてしまう
  • ブルースクリーンになることが多い
  • ハードディスクを認識しなくなる
  • クリーンアップや初期化をしてもパフォーマンスが上がらない
  • HDDから変な音がする

2.修理か買い替えかの判断基準

パソコンを修理するか買い替えるか悩んだときは、以下の判断基準を目安にするといいでしょう。

2-1.性能不足を感じたとき

パソコンを使用するにあたり、「使いづらくなったな」と感じることがたびたびあると思います。日ごろからパソコンを利用していて、動作が重い・フリーズする・やりたいことに対しての動きが悪いなど、性能不足を感じたときは買い替えを検討するといいでしょう。古いパソコンを使い続けてもストレスがたまるだけです。あなたのやりたいことに応えてくれないパソコンは性能不足なので、新しいパソコンに買い替えをおすすめします。

2-2.5年以上経過しているパソコンは買い替え

パソコンの平均寿命は約5年といわれているため、5年近く使用し続けているパソコンは修理ではなく買い替えを検討するといいでしょう。購入からどのくらい経過しているか、製造年月をチェックしてください。また、メーカーによって製造を打ち切った場合、打ち切り後の部品保有期間が決まっています。部品保有期間が過ぎてしまうと修理したくても部品がそろわないので修理ができません。部品保有期間が過ぎている場合は、買い替えを検討したほうがいいでしょう。

2-3.そのほかにチェックしておきたいポイント

パソコンを修理するか買い替えかで悩んだときは、使用期間のほかに、以下のポイントをチェックするといいでしょう。

  • ハードディスクが故障しかけているか
  • Windows7パソコンを使用しているか

ハードディスクが故障しかけている場合、明日壊れるかどうかも分かりません。ハードディスクが急に故障してしまうと、パソコンに入っていたデータを失ってしまいます。ハードディスクに保存されたデータを復元するのは困難なので、早めに買い替えるべきです。また、Windows7は2020年1月14日にサポートが終了しているため、セキュリティーの更新がなくなります。まだWindows7を使っている方は、Windows10への買い替えを検討してください。

3.パソコンの寿命を延ばす使い方

ここでは、パソコンの寿命を延ばす使い方について解説します。

3-1.定期的なメンテナンスが1番大事

パソコンを長く使い続けるために必要なことは、定期的にメンテナンスをすることです。たとえば、クリーンアップをしたり、不要なファイルをこまめに消したりするなど、自分でできるメンテナンスはたくさんあります。削除すべきファイルをそのまま放置していると、パソコンの容量がなくなり負荷がかかってしまうので注意してください。大切なデータを失わないために、こまめにバックアップを取っておくと安心です。

3-2.衝撃やストレスを与えない

パソコンに衝撃やストレスを与えるのはNGです。移動や持ち運びに便利なノートパソコンですが、持ち運ぶ際に何らかの衝撃を受けてしまいます。できるだけ、動かさずに衝撃を与えないように心がけてください。頻繁に持ち歩くことが多い場合は、衝撃から守るケースに入れることをおすすめします。クッション性があるケースに入れることで、衝撃を減らすことができ、パソコンに負担がかかりません。また、パソコン起動中の強制終了は、大きなストレスがかかり、くり返し行うと寿命を縮めてしまうので、できるだけ避けてください。

3-3.暑さとホコリ対策を徹底しよう

パソコンを長く使い続けるために、暑さとホコリ対策をしっかり行うことが大切です。パソコンはとても繊細な部品でできているため、熱とホコリに弱い傾向があります。特に、夏場は室内が暑くなるので、パソコンも熱がこもりやすくなるでしょう。夏場は冷却台を準備したり、室内温度を調整したりするなどの工夫が大切です。暑さ対策をしっかりと行えば、寿命を延ばすことができるでしょう。また、ホコリに関してもたまらないようにやわらかい布などで定期的に除去するようにしてください。

4.寿命がきたパソコンの処分方法と注意点

それでは、寿命がきたパソコンの処分方法と処分時に注意しておきたいポイントを解説します。

4-1.小型家電リサイクル法の対象品目になることも

パソコンは家電リサイクル法の対象品目ではないため、自治体回収で処分できると思いがちですが、一般ゴミとして処分できないことになっています。パソコンには貴重な資源が含まれているからこそ、再利用するためのリサイクルが義務づけられているのです。自治体によっては、小型家電リサイクル法に基づいて回収しているところもあるので注意してください。小型家電リサイクル法の対象品目になっているものは、ゴミ捨て場に捨ててはいけません。家電量販店や公共施設に設置されている小型家電回収ボックスに投かんすることになります。具体的な方法については、自治体のホームページ等を確認してください。

4-2.買い替えの場合、家電量販店にお願いする

新しいパソコンを購入する場合、家電量販店に古いパソコンを回収してもらう方法があります。多くの家電量販店では、古いパソコンの回収を行っているでしょう。あらかじめ、回収してもらえるか確認してください。家電量販店が回収してくれるなら、新しいパソコンの購入と古いパソコンの処分が同時にできます。買い替えを検討している方は、家電量販店にお願いするのも選択肢の1つです。

4-3.不用品回収業者にまとめて処分してもらう

パソコンを処分する方法として、不用品回収業者にお願いするのも方法の1つです。不用品回収業者に回収を依頼するとお金がかかりますが、パソコン以外の不用品も回収してもらうことができます。また、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので買取と回収が同時に利用可能です。できるだけ、処分費用を抑えたい方は、買取サービスを行っている不用品回収業者を選んでください。また、すぐに処分しなければならない・不用品をまとめて処分したいという方は回収業者の利用がおすすめです。そして、会社で使ったパソコンは産業廃棄物扱いになるため、産業廃棄物収集運搬許可を取得している回収業者に依頼しましょう。

4-4.買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらう

まだ、古いパソコンが正常に使える状態なら、買取業者やリサイクルショップに査定を依頼するといいでしょう。状態や年式によっては、買い取ってもらえる可能性があります。処分費用をかけたくない方は、1度無料査定を依頼してください。発売されたばかりの新品・年式が新しい・状態が良いパソコンは、多くの買取業者に買い取ってもらうことができます。中古市場での需要があるパソコンほど、買取専門業者での高価買取が期待できるでしょう。買取専門業者で買い取ってもらえなかった場合は、リサイクルショップを利用してください。

5.パソコンの寿命に関してよくある質問

パソコンの寿命に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.資源有効利用促進法とは?
A.パソコンの処分についてリサイクルが義務づけられている法律です。前述したように、パソコンの部品にはコバルト・金・銀などの貴重な資源が含まれています。限られた資源だからこそ、有効利用するためにリサイクルが必要です。2003年10月以降に発売されたパソコンなら、リサイクル料金を支払わずに回収してもらうことができます。パソコンにPCリサイクルマークがついているか事前にチェックしておきましょう。

Q.パソコンを処分する前にデータは消去すべきか?
A.データは必ず削除してください。パソコンには写真・ファイルなどの大切なデータが保管されています。インターネットでショッピングをしたことがある方は、クレジットカードを利用しているはずです。データを削除せずに処分すれば、個人情報やクレジットカード情報が流出し悪用される危険があります。そうならないために、データは必ず消去しましょう。専用ソフトを使ったり、物理的な方法でハードディスクを破壊したりするなどの消去方法があります。

Q.会社で使用したパソコンを処分する際の注意点は?
A.事業目的で使用したパソコンは、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物は自治体回収での処分ができないので注意が必要です。産業廃棄物収集運搬許可を取得している回収業者か、自治体が認可している業者に依頼することになるでしょう。

Q.高価買取のコツは?
A.パソコンを高く買い取ってもらいたい方は、事前に取扱説明書やキーボードなどの付属品をそろえるようにしてください。付属品がそろっていると買い手がつきやすくなるため、高価買取が期待できます。また、事前にデータを消去し初期化すること・きれいに掃除することも大切なポイントです。新品状態に近いパソコンほど高く売れるでしょう。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.どの業者を選べばいいのか分からない方は、以下のポイントに注目して選ぶといいでしょう。

  • パソコンを含めた家電製品の回収を行っているか
  • 不用品回収だけでなく買取サービスも行っているか
  • 無料見積もりや無料査定を受けつけているか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商の許可を取得しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 口コミや評判がいいか

また、複数の業者を比較するのも大切なポイントです。比較することで悪徳業者を見極めることができるでしょう。不用品の回収と買取を行っているエコアースでは、無料相談を受けつけています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

まとめ

パソコンの平均寿命は約5年と、電化製品の中では短めです。反応が遅くなったり、急にフリーズしたりするなら、寿命のサインといえるでしょう。完全に壊れて使えなくなってしまう前に買い替えることで、大切なデータが消える心配もありません。また、寿命がやってくる前に買い替えると、古いパソコンを買い取ってもらえる可能性も高まります。基本的に、正常に使うことができる・製造年月から5年以内のパソコンなら、ほとんどの買取業者またはリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス