足立区でエアコンを処分したい人へ! 最もお得な方法と注意点を解説!


「足立区に住んでいるが、不要になったエアコンはどんな方法で処分できるのだろう」「なるべく簡単でお得にエアコンを処分できる方法を知りたい」とお考えでしょうか? エアコンは大きさと重量があるので、どんな方法で処分してよいのか分かりづらいですよね。それに、なるべく処分費用も安く済むに越したことはありません。まずは、どこにどんな方法でエアコンの処分を依頼できるのか詳しく知ることが大切です。

そこで今回は、足立区のエアコン処分について詳しく解説します。

  1. 足立区でエアコンを捨てる方法は?
  2. エアコンの取り外しはどうする?
  3. 家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する方法
  4. 不用品回収業者にエアコンの処分を依頼する方法
  5. まだ使えるエアコンを買取に出す方法
  6. 足立区のエアコン処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、足立区でエアコンを処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.足立区でエアコンを捨てる方法は?

最初に、足立区でエアコンを捨てる方法について見ていきましょう。

1-1.エアコンは粗大ゴミで出せない

エアコンは、足立区に粗大ゴミとして出せないので注意しましょう。エアコンは、家電リサイクル法の対象品目に指定されているからです。家電リサイクル法は、エアコンなどの対象品目に含まれる資源を有効活用することなどを目的にしています。家電リサイクル法に基づいて処分する場合は、メーカーが責任を持って回収・リサイクルすることになるため、足立区で粗大ゴミとして回収していないのです。

1-2.業務用エアコンは産業廃棄物として処分する

業務用エアコンは産業廃棄物扱いになり、足立区に粗大ゴミとして出すことはできません。また、家電リサイクル法の対象品目からも外れます。業務用エアコンを処分するときは、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、業務用エアコンの処分をお受けしています。ぜひ、ご検討ください。

2.エアコンの取り外しはどうする?

エアコンを処分する際、取り外しはどうするかも考えておきましょう。

2-1.自分で取り外すのは大変

エアコンを自分で取り外すことができれば、業者に取り外し費用を支払わずに済むので節約できます。配管や配線の知識があり、エアコンの取り外し経験がある人におすすめです。なお、慣れない人がエアコンの取り外しをするのは想像以上に大変な作業になります。また、エアコンが高所に設置してある場合、取り外しや下ろす作業を一人で行うのは困難です。手伝ってくれる人がいなかったり取り外し作業に自信がなかったりする場合などは、業者に依頼することをおすすめします。

2-2.エアコンの取り外しは業者に依頼すると便利

エアコンの取り外しは、業者に依頼すると便利でおすすめです。業者に依頼した場合の主なメリットは、以下をご覧ください。

  • 自分で取り外すよりも安全かつ確実
  • 手間や労力を節約できる
  • 都合のよい日時を指定できる
  • 取り外し後そのまま処分を依頼できる

エアコンの取り外しにかかる手間や労力を考えれば、業者に依頼するメリットが大きいといえます。

3.家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する方法

家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する方法を詳しくご紹介します。

3-1.家電リサイクル法の対象となるエアコンの種類は?

家電リサイクル法の対象となるエアコンは、以下のような種類です。

  • 壁かけ形のセパレートエアコン
  • 壁かけ形のガスヒーターエアコン
  • 壁かけ形のハイブリッドエアコン
  • 床置き形のセパレートエアコン
  • 床置き形のハイブリッドエアコン
  • ウインドウ形エアコン

なお、業務用エアコン・天井埋め込み形のエアコン・壁埋め込み形のエアコンなどは家電リサイクル法の対象外となります。より詳しくは、家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表を参考にしてください。

3-2.販売店にエアコンの回収を申し込む方法

家電リサイクル法に基づいて処分する場合で、販売店に回収を申し込む方法は以下のとおりです。なお、販売店に回収を申し込む方法は、料金販売店回収方式と呼ばれます。料金販売店回収方式では、自宅などの指定場所でエアコンを回収してもらうことが可能です。

  1. 販売店の店頭でエアコンの回収を申し込む
  2. 家電リサイクル料金と運搬費用を支払って家電リサイクル券を受け取る
  3. 指定日時に運搬業者がやってくるのでエアコンを引き渡し、家電リサイクル券の控えを受け取る
  4. 運搬業者がエアコンをメーカーのリサイクル工場に運んで完了

3-3.自分で足立区の指定引取場所にエアコンを持ち込む方法

料金郵便局振込方式は家電リサイクル法に基づく処分方法の一つで、自分で自治体の指定引取場所にエアコンを持ち込んで処分するやり方です。具体的な流れは、以下をご覧ください。

  1. 郵便局でエアコンの家電リサイクル料金を支払い、払込証明書を受け取る
  2. 払込証明書に添付されている家電リサイクル券とエアコンを足立区の指定引取場所へ運ぶ
  3. エアコンを引き渡し、家電リサイクル券の控えを受け取って完了

なお、足立区の指定引取場所は、以下の2か所になります。

白井エコセンター株式会社

  • 住所:足立区入谷5丁目16-28
  • 電話番号:03-3857-0236
  • 持ち込み可能時間:9時~17時

株式会社MDロジス東日本サービス

  • 住所:足立区花畑6丁目18-6
  • 電話番号:03-5851-3191
  • 持ち込み可能時間:9時~12時および13時~17時

いずれの指定引取場所も、持ち込み可能時間内であれば事前予約なしにエアコンを持ち込むことができます。年末年始および日曜日と祝日は定休日となるので注意してください。

3-4.エアコンの家電リサイクル料金は?

エアコンを家電リサイクル法に基づいて処分する場合、1台に付き990~9,900円の家電リサイクル料金が必要です。なお、メーカーによって金額が異なるため、詳しくは、家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表を参考にしてください。このほか、販売店に回収を依頼する場合は運搬費用が1台に付き1,200~3,000円程度かかるほか、取り外しを依頼した場合は別途数千円程度~が必要になります。

4.不用品回収業者にエアコンの処分を依頼する方法

不要になったエアコンの処分を不用品回収業者に依頼する方法を詳しく見ていきましょう。

4-1.信頼できる不用品回収業者の選び方

足立区でエアコンを処分する場合は、以下のポイントを参考に選んだ不用品回収業者に依頼すると安心です。

  • エアコンなど不用品回収の実績が豊富にある
  • 回収後のエアコンはきちんと再販・再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望の日時を指定して回収してもらえる
  • エアコンの取り外し作業も依頼できる
  • 不用品の買取も行っている
  • 足立区がサービスエリア内
  • スタッフの受け応えが親切で丁寧
  • 顧客からの評判がよい
  • 業務に必要な許認可を取得済み

なお、当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも、足立区で不要になったエアコンの処分をお受けしていますのでお気軽にお問い合わせください。

4-2.不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼する流れ

不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼するときは、以下の流れを参考にしてください。

  1. 業者にエアコンの回収について相談し見積もりをもらう
  2. 見積もりの内容を検討して問題がなければ正式に回収を依頼する
  3. 希望日時・場所に業者がやってきてエアコンを回収する
  4. エアコンの回収費用を業者が指定した方法で支払って完了

4-3.不用品回収業者に依頼した場合の処分費用は?

不用品回収業者にエアコンの処分を依頼した場合、1台につき数千円程度~の処分費用がかかります。エアコン1台だけの回収でも、スタッフと車両を手配する必要があるからです。また、エアコンの取り外し費用も別途必要になります。なお、そのほかに処分したい不用品があるときは、エアコンと同時に依頼するとよいでしょう。1回にまとめて依頼するほうがそれぞれ依頼するよりも安上がりです。また、不用品の中で買取になるものがあれば、エアコンの処分費用と相殺することもできます。

5.まだ使えるエアコンを買取に出す方法

不要になったエアコンでもまだ十分に使えるものは買取に出すことも検討してみましょう。

5-1.買取してもらえるエアコンの条件は?

買取してもらえるエアコンの条件は、以下を参考にしてください。

  • 人気メーカー品(東芝・パナソニック・日立・シャープ・三菱電機など)
  • 不具合や故障がない
  • 購入時の付属品がそろっている
  • 年式が新しく使用感が少ない
  • 外観に目立つ傷や汚れ・破損がない

5-2.エアコンを買取に出す方法

エアコンを買取に出す主な方法を詳しくご紹介します。

5-2-1.リサイクルショップに売る

人気メーカーでほぼ新品に近いなど条件のよいエアコンは、リサイクルショップに買取してもらえることがあります。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどにより、査定を依頼してください。業者の提示価格に納得できる場合は、そのまま買取を依頼して代金を受け取りましょう。なお、リサイクルショップは買取専門になるため、買取不可になったエアコンを引き取り処分してもらうことはできません。また、多くの個人店では店頭持ち込みだけに対応しているため、エアコンを自分の車などで運搬する必要があります。

5-2-2.不用品回収業者に売る

不用品回収業者でも、エアコンを買取してもらえることがあります。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてみましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、不用品回収業者なら万が一買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できるのがメリットです。ただし、引き取り処分になった場合は、処分費用がかかることがあります。

5-2-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

不要になったエアコンは、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることもできます。リサイクルショップなどで買取不可になったものでも出品でき、自分が売りたい価格を設定できるのがメリットです。ただし、エアコンは大きさと重量があるため、こん包や配送が面倒で、配送費用も高く付きます。また、クレームや支払い遅延などのトラブルも自分で対応する必要があるなど、何かとデメリットが多い方法です。

6.足立区のエアコン処分に関するよくある質問

最後に、足立区のエアコン処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.30年以上使用した古いエアコンでも家電リサイクル料金がかかる?
A.はい。家電リサイクル法に基づいて処分する場合は、どんなに古いエアコンでも規定の家電リサイクル料金がかかります。

Q.家電リサイクル法に基づいて複数のエアコンを1回で処分すると安くなる?
A.エアコン1台ごとに必要です。台数をまとめて依頼しても、家電リサイクル料金が安くなることはありません。

Q.不用品回収業者に引き渡したエアコンは本当にリサイクルされる?
A.信頼できる業者なら、きちんとリサイクルされるので安心してください。不安が残るのなら、業者にエアコンがどんな形でリサイクルされるか説明してもらうとよいでしょう。

Q.エアコンをなるべく高く買取してもらうポイントは?
A.以下を参考にしてください。

  • 外観やフィルターをキレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になった時点ですぐに売る
  • エアコンの買取を強化している業者に売る

なお、エアコンを買取に出すと決めたら、買取に出すまで極力使わないようにしましょう。突然不具合がや故障が発生し、買取不可になる可能性があります。

Q.新しいエアコンなのに買取不可と査定されたのはなぜ?
A.以下のような理由が考えられます。

  • 査定時に不具合や故障が見つかった
  • 不人気メーカー品
  • 目立つ傷や汚れなど外観に難点がある

いずれにしても、業者に査定理由を説明してもらうとよいでしょう。なお、業者によっても査定基準が異なるため、ほかの業者では買取してもらえる可能性もあります。

まとめ

今回は、足立区のエアコン処分について詳しく解説しました。エアコンは家電リサイクル法の対象品目になるため、足立区の粗大ゴミ回収に出すことができません。家電リサイクル法に基づいて処分する、買取に出すなど、そのほかの方法で処分してください。エアコンの処分方法で最もおすすめなのは、不用品回収業者に依頼することです。不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時に回収してもらえます。また、エアコンの取り外しを同時に依頼することができて、手間や労力が大幅に節約できるのもメリットです。まずは、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談してみるとよいでしょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス