板橋区で電子レンジを処分する方法は? お得に捨てるポイントなど解説


板橋区でどのように電子レンジを処分すればいいのか分からない……と、分からずに思い悩んでいるのではないでしょうか。分からないからと適当に捨ててしまえば、不法投棄とみなされ罰金が科せられることもあります。電子レンジは自治体回収が可能ですが、各自治体で処分方法やルールが異なるので注意が必要です。

そこで、本記事では、板橋区で電子レンジを処分する方法などを解説します。

  1. 板橋区で電子レンジは何ゴミになる?
  2. 自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える電子レンジは買取に出せることも
  5. 電子レンジの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、板橋区で電子レンジをお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.板橋区で電子レンジは何ゴミになる?

まずは、板橋区で電子レンジは何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.一辺30cm以上になるものは粗大ゴミ

基本的に、板橋区では一辺が30cm以上になるものは粗大ゴミ扱いとなります。電子レンジは一辺が30cm以上を超えるものが多いため、粗大ゴミに分類されるでしょう。エアコン・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)といった家電リサイクル法の対象品目は自治体で捨てることができません。しかし、電子レンジは対象外なので問題なく自治体で捨てることができます。まずは、処分したい電子レンジがどのくらいの大きさか自分で測り、確認してください。粗大ゴミとして扱われる場合は、一般ゴミとは違う方法になるので注意が必要です。具体的な処分方法に関しては、後ほど【2.自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法】で説明します。

1-2.小型家電リサイクル法の対象品目

電子レンジは家電リサイクル法の対象品目外ですが、小型家電リサイクル法の対象品目になる可能性があります。実際、板橋区では公共施設や家電量販店に小型家電回収ボックスが設置されており、小型家電の回収を行っているようです。携帯電話・スマートフォン・ゲーム機・電話機・デジタルカメラなどの最大30cm未満の使用済み小型家電は、そのボックスに投かんするだけで処分できる仕組みになっています。けれども、電子レンジは投かん口に入らないサイズが多いので、小型家電回収ボックスを利用する機会はないでしょう。

2.自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法

ここでは、自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法とポイントを解説します。

2-1.収集車に回収してもらう

板橋区で粗大ゴミを処分する方法は2通りあります。その1つが収集車に回収してもらう方法です。基本的に、粗大ゴミ受付センターにインターネットで申し込みをした後、コンビニや地元のスーパーなどで粗大ゴミ処理券を購入します。粗大ゴミ処理券を電子レンジの分かる場所に貼りつけるところまでは流れは同じです。自分で運ぶことができるなら、回収日までに回収指定場所に運んでください。そうすれば、収集車が回収日に粗大ゴミを回収してくれます。電子レンジは1人でも運べる重量がほとんどなので、運搬に困ることはないでしょう。

2-2.粗大ゴミセンターに直接持ち込む

回収指定場所ではなく、粗大ゴミ処理センターに直接持ち込むことも可能です。直接持ち込む場合は、申し込みをした本人のほかに同じ家に住む家族だけが行えます。板橋区の集積所は西台粗大ゴミセンターでは粗大ゴミ処理券を販売していないので、事前に購入しなければなりません。粗大ゴミセンターに持ち運ぶと、処分費用は収集の半分に抑えることができます。1人でも運べる電子レンジがほとんどなので、時間に余裕がある方は回収車に収集してもらうよりも直接持ち込む方法がおすすめです。ただし、受付時間が月曜日~金曜日の13~16時、土日・祝日は9~16時までと決まっています。受付時間に注意して持ち運んでください。

2-3.粗大ゴミ処理券はA券とB券の2種類

板橋区の粗大ゴミ処理券は、200円のA券と300円のB券があります。申し込みの際に案内された金額の券を購入することになるため、必ず費用をチェックしてください。基本的に、粗大ゴミ処置券の払い戻しはありませんが、ある条件がそろった場合は払い戻しが行われる可能性があります。たとえば、以下のようなケースです。

  • 粗大ゴミ処理券を買ってから、ほかの区へ住所を移した
  • 間違えて事業系有料ゴミ処理券を購入してしまった

ただし、払い戻しが可能な期間は購入してから5年以内になっているので注意してください。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.すぐに処分したい場合は回収業者を利用しよう

ほとんどの不用品回収業者では、電子レンジの回収を行っています。粗大ゴミは回収日が決まっているので、すぐに処分したいと思っていても、粗大ゴミセンターに持ち運ばない限り回収してもらうことはできません。時間がない・すぐに処分したいと思っている方は、不用品回収業者の利用がおすすめです。即日対応が可能な回収業者なら、申し込みをしてすぐに駆けつけてくれます。たとえば、引っ越し当日に処分しなければならなくなった場合は、不用品回収業者が役立つでしょう。また、電子レンジ以外にも処分したい不用品をまとめて処分できるのも、不用品回収業者の大きなメリットです。1つずつ処分するよりもまとめて処分したほうがお得になる可能性もあります。

3-2.処分費用・見積書の内容をチェックする

不用品回収業者はさまざまなメリットがありますが、自治体で捨てるよりも費用が割高になってしまうというデメリットがあります。具体的な費用は、基本料金+運搬・収集費用の合計金額になるでしょう。電子レンジの場合、およそ5,000~円になる可能性が高いですが、中には高額な費用を請求する悪徳業者が存在しています。実際に、「見積書とは違う金額を請求された」といったトラブルが相次いでいるため、慎重に業者を選ばなければなりません。処分費用の内訳や見積書の内容を必ず確認してから依頼先を決めることが大切です。

3-3.無料回収業者に要注意!

「無料で回収します!」と街中をトラックでまわりながら不用品の回収を行っているところがありますが、無料回収業者は安易に利用しないほうがいいでしょう。「トラックに積み込んだ後で追加費用を請求された」「回収してもらった不用品が不法投棄されていた」などのトラブルが相次いでいるからです。特に、無料回収業者とのトラブルが多いため、無料回収業者を利用するよりも適切な費用を支払って回収してもらったほうが安心できます。

4.まだ使える電子レンジは買取に出せることも

ここでは、電子レンジを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.まだ使える電子レンジは買取に出そう

まだ使える状態の電子レンジを、ゴミとして処分するのはとてももったいないことですよね。「捨てるのがもったいないなぁ」と思ったときは、電子レンジなどの不用品を買取に出してください。基本的に、まだ正常に稼動できる状態なら買い取ってもらえるところがほとんどです。発売されたばかりの電子レンジで数回しか使っていないものは、特に高価買取が期待できるでしょう。型番や製造年月が新しいものほど中古市場における需要が高いからです。買い取ってもらうことができれば処分費用もかからないので、お得に処分できます。

4-2.買取専門業者・リサイクルショップを利用する

電子レンジの買取を行っているのは、買取専門業者またはリサイクルショップが代表的です。まだ発売されたばかりで中古市場でも価値が高い電子レンジは、買取専門業者に依頼することをおすすめします。買取専門業者は中古市場の需要を理解しているため、価値が高い電子レンジほど高価買取が期待できるでしょう。適切な価格で買い取ってもらえると、とても安心しますよね。一方、リサイクルショップはアルバイトが査定をすることもあるため、平均よりも低い査定額になってしまいがちです。買取専門業者で買い取ってもらえなかった場合に、リサイクルショップを利用しましょう。

4-3.買取サービスを行っている不用品回収業者も

買取専門業者またはリサイクルショップのほかに、買取サービスを行っている不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収業者は不用品の回収しか行っていないというイメージがあるかもしれませんが、買取も可能です。買取と処分が同時に利用できれば、たとえ買い取ってもらえなかったとしても処分することができます。わざわざ、ほかの方法で処分するなど、手間と時間がかからない方法といえるでしょう。東京都を中心にサービスを展開しているエコアースでは、不用品の回収と買取を行っているのでぜひチェックしてください。

5.電子レンジの処分に関してよくある質問

電子レンジの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.粗大ゴミをセンターに直接持ち込む際の注意点は?
A.粗大ゴミの持ち込みに使用する車は重量制限があるので注意が必要です。板橋区の場合、車の重量は2トンまでとなっています。車を借りて粗大ゴミを運搬する際は、車の重さも確かめてください。また、積み荷を下ろす作業は自分たちで行わなければなりません。さらに、持ち込みは1度に10個までという制限もあります。電子レンジ以外に処分したい不用品があれば、回数を分けて運びましょう。

Q.自治体で持ち込みができないものは?
A.家電リサイクル法の対象品目になっている冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機の4品目です。これらの品目はメーカーによる回収とリサイクルが義務づけられているため、自治体で処分ができません。ほかにもパソコンリサイクル法の対象品目や適正処理困難物とみなされるものも持ち込み不可となっています。ホームページを確認しても分からない場合は、窓口または電話で確認しましょう。

Q.粗大ゴミ処理券の払い戻しに必要なものは?
A.粗大ゴミ処理券の払い戻しを求める際、購入したゴミ処理券・領収書・廃棄物処理手数料還付請求書・支払金口座振替依頼書といった書類が必要となります。廃棄物処理手数料還付請求書・支払金口座振替依頼書は、板橋区の役所または清掃事務所で受け取ることができるでしょう。また、払い戻しの手続きは清掃リサイクル課・清掃事務所で行うことになりますが、印鑑が必要になります。

Q.高価買取のポイントは?
A.電子レンジをできるだけ高く売りたい方は、事前にきれいに掃除してから査定を依頼してください。新品状態に近いものほど高く売れる傾向があるため、焦げつきなどをあらかじめきれいにしたほうが買い取ってもらいやすくなります。また、取扱説明書といった付属品もそろえることが大切です。付属品がそろっていないと買い取ってもらえない業者もあるほど、購入時についてくる付属品は重要なポイントとなります。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.どの業者を選んでいいのか分からない場合は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 回収だけでなく買取サービスを行っているか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • ホームページ等に回収実績や住所・電話番号が記載されているか
  • 回収方法が充実しているか

以上のポイントを踏まえた上で、3〜4社ほど比較してください。複数の業者を比較することで、悪徳業者が見極めやすくなります。どの業者に依頼したほうが安心できるか、慎重にチェックすることが大切です。

まとめ

電子レンジは、家電リサイクル法の対象品目ではないため、自治体回収での処分が可能です。粗大ゴミまたは燃えないゴミとして処分できるでしょう。板橋区では、粗大ゴミ扱いとなっているため、コンビニまたはスーパー等で粗大ゴミ処理券を購入し、指定回収場所に持ち運ぶことになります。ただし、まだ使えるのに捨てるのはもったいないと思っている方もいるでしょう。その場合は、買取専門店やリサイクルショップ・買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼してください。買い取ってもらうことができれば、処分費用を抑えられるので一石二鳥です。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス