遺品整理として家具を処分する方法を紹介! 家具は売却も可能!


「遺品整理をしているが、家具の処分方法に悩んでいる」という人は多いことでしょう。家具の中には大きくて持ち運びが大変なものもあり、「ゴミ収集場所まで持っていくのも大変」というケースもあります。しかし、家具によっては中古でも需要があって売却することもできるでしょう。「家具を処分する方法をできるだけ多く知りたい」と考えている人もいると思います。

そこで今回は、遺品整理として家具を処分する方法を紹介しましょう。

  1. 家具を処分する前に確認するポイント
  2. 遺品整理で家具を処分する方法と費用
  3. 費用と手間を考えて処分方法を選ぼう
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読めば、遺品整理業者に依頼するメリットもよく分かります。遺品整理をしなければと考えている人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.家具を処分する前に確認するポイント

はじめに、遺品整理として家具を処分する前に確認するポイントを紹介します。

1-1.家具の状態

キレイで使用感のない家具ならば、中古でも一定の需要があります。目立つところだけでなく、裏側なども確認しましょう。また、カビなどが生えていないかどうかもチェックしてください。

1-2.家具のメーカー

伝統工芸品や海外のブランド家具メーカーの品ならば、中古でも一定の需要があります。メーカーが分かりにくい場合は、インターネットなどでよく似た形の家具を探してみましょう。そうすれば、買取価格の見当が付きやすくなります。

1-3.中古の需要

ネットオークションやフリマサイト、リサイクルショップのサイトなどを見て家具の中古需要を確認しましょう。処分したい家具が高値で取り引きされている場合は、中古の需要が高いということです。売却を検討してみましょう。

2.遺品整理で家具を処分する方法と費用

この項では、遺品整理で家具を処分する方法とそれにかかる費用を紹介していきます。

2-1.自治体にゴミとして処分してもらう

家具は自治体にゴミとして回収してもらえます。回収方法は自治体によって異なるので、まずは自治体のwebサイトで確認してください。今は有料だったり回収を申し込む必要があったりするところもあります。ですから、できるだけ時間に余裕を持って処分にあたりましょう。自治体にゴミとして家具を回収してもらう場合、かかる費用は数百円前後です。

2-2.自分でゴミ処分場に持ち込む

自治体によっては自分でゴミ処分場へ家具を持ち込むことができます。持ち込める時間や量は自治体によって異なるので、必ず事前に確認して予約しましょう。この方法も、数百円で処分ができます。

2-3.売却する

リサイクルショップやフリマサイト、ネットオークションで家具を売却する方法もあります。ブランド家具や伝統工芸の家具は中古でも一定の需要があるので、高値売却が期待できるでしょう。また、フリマサイトやネットオークションを利用すれば、自分で買い手を探すことも可能です。ただし、大型家具は送料がかかるうえ、こん包も大変ですので、あらかじめ輸送方法を考えておきましょう。

2-4.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用すれば、家まで家具を取りに来てくれます。重くて自分では持ち運べない家具を処分する際は便利です。ただし、回収費用が数千円前後かかることもあります。

3.費用と手間を考えて処分方法を選ぼう

自治体を利用して家具を処分する場合は、数百円の費用ですみますが、回収場所やゴミ処分場へ持ち込む手間がかかります。重くて大型の家具を運ぶには、人手が必要です。一方、家まで不用品回収業者に取りに来てもらう場合は、手間はかかりませんが、費用がかかります。売却すればリサイクルにもなりますが、確実に売却できるとは限りません。費用と手間を考えて処分方法を選びましょう。

4.遺品整理業者を利用するメリット

この項では、遺品整理業者を利用するメリットの一例を紹介します。

4-1.遺品整理業者に依頼すれば家まで回収に来てくれる

遺品整理業者とは、文字どおり遺品整理を代行してくれる業者です。依頼すれば、家まで回収に来てくれます。家具だけでなく家電や服、雑貨などの不用品をまとめて処分してくれるので、一度に家が片づくのが大きなメリットです。

4-2.買取もしてくれる

遺品整理業者の中には買取もしてくれるところがあります。買取が不可なら回収もしてもらえるので、手間もかかりません。買取額は料金から引いてくれます。

4-3.まとめてすべての行程を依頼できる

遺品整理業者に依頼すれば、遺品の整理・不用品の処分・買取をすべて行ってくれます。改めてリサイクルショップで査定を受けたり、不用品回収業者に依頼したりする必要もありません。

5.遺品整理に関するよくある質問

この項では、遺品整理に関するよくある質問を紹介します。

Q.組み立て家具などは売却不可でしょうか?
A.高値買取は難しいでしょうが、キレイなものなら買取可能なこともあります。

Q.大型家具は宅配便で輸送できるでしょうか?
A.引っ越し荷物便扱いになるので、宅配便より費用がかかります。依頼先は、宅配業者ではなく一般の運送業者になるでしょう。なお、クロネコヤマトは「引っ越し便」扱いで、大型や家具や家電の配送を依頼できます。

Q.遺品整理は業者に依頼すれば、すぐに行ってくれるでしょうか?
A.はい。すぐに引き受けてくれる業者も多いので、相談してみてください。

Q.遺品整理は人手があれば自分で行えるでしょうか?
A.もちろんそうですが、プロに依頼すれば時短が可能です。

Q.家具は分解して捨てることはできますか?
A.可能ですが分解も大変なので、無理をしてはいけません。

まとめ

今回は、遺品整理の一環として家具を処分する方法を紹介しました。家具はキレイで使用感のないものならば、中古でも一定の需要があります。特に、ブランド家具や伝統工芸の家具は人気があるので、売却してみるのもいいでしょう。大型家具はリサイクルショップの店員が家まで来てくれる出張査定も利用できます。遺品整理業者に依頼しても、回収・買取の両方が可能です。よく考えて廃棄か売却か考えましょう。


365日年中無休即日対応もOK相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス