カラーボックスを処分する方法は? 安く処分するポイントを解説!


カラーボックスは自治体で何ゴミになるのか・まだ使えるのに捨てるのはもったいない……など、カラーボックスの処分で頭を抱えている方は多いでしょう。カラーボックスといっても、さまざまな素材でできているので素材によって処分方法やゴミの分類が異なります。また、まだ使える状態なら買取業者やリサイクルショップで買い取ってもらえるかもしれません。

本記事では、カラーボックスをお得に処分する方法などについて解説しましょう。

  1. カラーボックスは何ゴミになるのか?
  2. カラーボックスの処分を自治体に依頼する方法
  3. カラーボックスを自治体以外で処分する方法
  4. カラーボックスを買取に出す方法
  5. カラーボックスの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、カラーボックスの処分方法やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.カラーボックスは何ゴミになるのか?

最初に、カラーボックスは何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.基本は可燃ゴミ

ゴミの分類は自治体によって異なりますが、カラーボックスは可燃ゴミになるケースがほとんどです。多くの家具店で取り扱われているカラーボックスは、木製のものが多いのが1番の理由といえるでしょう。木製のカラーボックスは可燃ゴミに分類されるのが基本です。けれども、プラスチックでできているカラーボックスの場合、自治体によってはプラスチックゴミに分類される可能性もあります。念のため、処分前に自治体のホームページや掲示板等でゴミの分類をチェックしておきましょう。

1-2.一辺が30cm以上は粗大ゴミ

カラーボックスはさまざまな大きさがありますが、一辺が30cm以上のものは粗大ゴミに分類される可能性があります。たとえば、東京都練馬区の場合、30cm角未満のものは可燃ゴミ・以上のものは粗大ゴミ扱いです。一辺が30cm以上のカラーボックスは粗大ゴミ扱いとなり、可燃ゴミとは異なる方法での処分が定められています。粗大ゴミとみなされるものを可燃ゴミとして捨ててしまうと、不法投棄になってしまうので注意が必要です。

2.カラーボックスの処分を自治体に依頼する方法

ここでは、カラーボックスの処分を自治体に依頼する方法を解説します。

2-1.可燃ゴミの場合

可燃ゴミとして扱われている場合、普通の一般ゴミと同じ方法で処分することになります。多くの自治体では、指定袋にゴミを入れて回収日までにゴミ捨て場へ持っていくようになっているでしょう。カラーボックスも可燃ゴミとして袋に入れることになりますが、解体が必要になります。カラーボックスの種類によって解体は異なるため、取扱説明書などを確認してください。多くのカラーボックスは板が固定されているネジをドライバーで外すだけでOKです。ドライバーを使ってネジを外せば、組み立て前の状態になります。そして、解体ができたら袋に入れやすくするため、板をノコギリで小さくカットしてください。ノコギリを使うのが面倒という方は、自力で折る方法もあります。

2-2.粗大ゴミの場合

粗大ゴミとして処分する場合、自治体によっては事前の申し込みが必要なところがあります。ホームページや電話で申し込みをした後、近くのスーパーやコンビニで粗大ゴミ処理券を購入してください。購入した粗大ゴミ処理券をカラーボックスの分かりやすい場所に貼りつけたら、回収して居場所まで持ち運びます。だいたい、粗大ゴミ処理券は200~500円が目安になるでしょう。処分するゴミの種類や自治体によって費用が異なるため、事前の確認をおすすめします。
また、お住まいの地域のゴミ受付センターに直接持ち運ぶのも方法の1つです。回収指定場所に持ち運ぶよりも費用がお得になる可能性があります。いずれにせよ、自治体によって処分方法が異なるのでホームページ等で確認してください。

2-3.解体は慎重に

もともと組み立て式のカラーボックスなら簡単に解体できますが、中には解体が困難なタイプもあります。誤ってケガをする恐れもあるため、十分に気をつけてください。組み立て式としてできていないカラーボックスを解体するのは難しいので、無理に自分で解体しようとはせず、粗大ゴミとして出すことをおすすめします。自治体以外の方法でも処分することはできるので、次の項目で詳しく説明しましょう。

3.カラーボックスを自治体以外で処分する方法

ここでは、カラーボックスを自治体以外で処分する方法をいくつか紹介します。

3-1.ほしがっている人に譲る

カラーボックスがまだ使える状態であれば、ほしがっている人に譲るのも方法の1つです。譲ることで処分費用はかかりませんし、捨てるのがもったいないと思っていたものでも再利用してもらうことができます。使わないカラーボックスをほしい人が近くにいないか調べてみましょう。周囲にいる人たちに「カラーボックスを処分しようと思っていて……」と相談すれば、譲り先が見つかるかもしれません。

3-2.施設や団体に寄付する

寄付という形でカラーボックスを処分する方法もあります。「カラーボックスの寄付を受けつけているところはない」と思われがちですが、際使用可能な状態であれば寄付を受けつけている施設や団体もあるのです。カラーボックスは海外の発展途上国で需要があるので、積極的に寄付を行っているところも見つかるでしょう。たとえば、国際社会支援推進会が運営しているワールドギフトでは、寄付されたものを途上国支援として役立てています。社会貢献にもなるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-3.不用品回収業者に依頼する

カラーボックス以外にも処分したい不用品があったり、大量のカラーボックスをまとめて処分したりする方は、不用品回収業者への依頼をおすすめします。不用品回収業者はさまざまな不用品の回収を行っており、出張回収も可能です。大量のゴミを自治体で処分すると近所迷惑になる恐れがあるため、不用品回収業者にまとめて処分してもらったほうが安心でしょう。また、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。買い取ってもらえるものは買い取ってもらい、それ以外は処分してもらうという効率的な方法です。買取可能な不用品が多いほど処分費用も削減できるでしょう。

4.カラーボックスを買取に出す方法

ここでは、カラーボックスを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.カラーボックスは買取が難しい!?

まだ使えるカラーボックスは買い取ってもらおうと考えている方は多いと思いますが、正直、カラーボックスは買取が難しい商品です。その理由は、カラーボックスの元値にあります。簡易的なカラーボックスは数百円と気軽に購入できる金額なので、中古のものでは値がつかないケースもあるのです。元値が安いカラーボックスほど買取は困難な傾向があるでしょう。けれども、さまざまなカラーボックスが登場しているため、元値が1,000円~と根が張るものは買い取ってもらえる可能性もあります。

4-2.人気ブランドで状態がいいものは高く売れる

カラーボックスの中でも、人気が高いブランドは多くの買取業者やリサイクルショップで売れる可能性があります。買い取ってもらいやすい人気ブランドは以下のとおりです。

  • 無印良品
  • 天馬
  • ニトリ
  • IKEA
  • アイリスオーヤマ

上記のブランドの中でも元値が高く、人気のシリーズやデザインであるほど買い取ってもらいやすくなるでしょう。また、カラーボックスの状態も要チェックポイントとなります。もちろん、壊れていて使えないものは買取対象外です。グラつきがあったり、激しい汚れや損傷があったりするものも買取不可となります。

4-3.高価買取の3つのポイント

カラーボックスを高く売りたいと思っている方は、きれいに掃除する・取扱説明書などの付属品をそろえる・需要が高まるシーズンに売るの3つのポイントに注目してください。
汚いカラーボックスよりもきれいな状態のほうが買い取ってもらいやすく、値段もつきやすい傾向にあります。自分でできる範囲で構いませんので、査定を依頼する前に掃除しましょう。
また、購入時の状態に近いものほど高く売れる傾向もあります。外箱・替えの部品・取扱説明書といった付属品をすべてそろえて売却したほうが高価買取は期待できるでしょう。
さらに、カラーボックスの需要が高まる3~4月ごろに売却するのもポイントの1つです。新生活や新シーズンが始まる時期は、カラーボックスを購入する方が増えるので需要が高まります。需要が高まっている時期は中古も売れやすくなるため、買い取ってもらいやすくなるでしょう。

4-4.買取業者選びのポイントもチェック!

どの買取業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は多いでしょう。主な買取先としては、買取専門店・リサイクルショップ・不用品回収業者などがあります。それぞれの買取業者によって査定額が異なるため、複数の業者に査定を依頼するのも方法の1つです。より高値で売るためにも、以下のポイントを押さえた上で買取業者を選ぶといいでしょう。

  • カラーボックスなどの買取に長(た)けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 無料査定や無料相談を受けつけているか
  • サービス内容が充実しているか
  • どのような質問でも分かりやすく説明してくれるか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

東京都を中心に不用品の回収と買取を行っているエコアースでは、無料査定や無料相談を受けつけています。カラーボックスの買取や処分でお悩みの方は、ぜひ1度ご相談ください。

5.カラーボックスの処分に関してよくある質問

カラーボックスの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.処分時に気をつけておきたいことは?
A.自治体のゴミの分別や処分ルールをしっかりと確認することです。ほかの地域が燃えるゴミとして処分できても、自分が住んでいる地域では粗大ゴミ扱いになる可能性があります。素材やサイズによってもゴミの分類が異なるため、事前にカラーボックスの素材や大きさをチェックしておきましょう。分からないことがあれば、自治体の窓口に問い合わせて確認することをおすすめします。

Q.自治体で処分するメリットは?
A.自治体で処分する大きなメリットは安く処分できることです。燃えないゴミとして処分できれば、ゴミ袋だけ用意すればいいので費用をかけずに捨てることができるでしょう。粗大ゴミの場合でも、500円以内で処分できる自治体がほとんどです。

Q.カラーボックスを解体する際の手順は?
A.以下の手順を参考にしてください。

  1. プラスドライバーでネジをゆるめ取り外す
  2. 背板や横版は可燃ゴミ袋に入るサイズにするため、ノコギリなどで小さくカットする
  3. 自治体指定のゴミ袋に入れてゴミ捨て場に出す

ノコギリで小さくカットする際は、軍手を装着してから作業に入ってください。イスの足など重みがあるもので板の真ん中あたりをへこませ、力を加えると半分にへし折ることもできます。

Q.カラーボックスの買取相場はいくらぐらいか?
A.あくまで目安となりますが、200~300円がカラーボックスの買取相場になるでしょう。元値が安い商品なので、1,000円で買い取ってもらえるのは人気ブランドで未使用品または新品になるケースがほとんどです。

Q.ネットオークションでも売れるのか?
A.ネットオークションやフリマアプリでもカラーボックスを自分で売ることはできます。インターネットを通じて全国から買い手を見つけることはできますが、必ずしも売れるとは限りません。実際に落札されているカラーボックスは、人気ブランドや新品のものがほとんどです。

まとめ

一般的に、カラーボックスは粗大ゴミまたは可燃ゴミになるケースが多いようです。素材や自治体のルールによってゴミの分類が異なるため、事前にホームページや掲示板等でチェックしたほうがいいでしょう。大量のカラーボックスを処分するなら、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるため、まだ使える状態なら買い取ってもらえるかもしれません。買い取ってもらえるなら処分費用がかからないので、お得に手放すことができるでしょう。