杉並区で衣装ケースを処分するなら! 手軽な方法や処分前の注意点も


「杉並区で衣装ケースを処分する方法が分からない」とお困りではありませんか? 「引っ越しで複数の衣装ケースが不要になった」「もう使わないので処分したい」というとき、どう処分すべきなのか迷いますよね。ゴミの区分や出し方は自治体によって異なるため、事前にしっかり確認しておかなければなりません。

この記事では、杉並区におけるゴミ区分や衣装ケースの処分方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 杉並区で衣装ケースは何ゴミになるのか?
  2. 衣装ケースを処分する前に確認すべきこと
  3. 衣装ケースを処分する方法3つ
  4. 回収サービスを利用する場合
  5. 杉並区における衣装ケース処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、杉並区で粗大ゴミを捨てる手順や回収サービスを利用するメリットなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.杉並区で衣装ケースは何ゴミになるのか?

まずは、杉並区のゴミ区分について詳しく解説しましょう。

1-1.杉並区のゴミ区分は?

杉並区では、家庭から出たゴミを「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「資源ゴミ」「粗大ゴミ」というように分類しています。可燃ゴミは週2回、不燃ゴミは月2回、資源ゴミは週1回のペースで回収しているため、曜日をしっかり確認しておきましょう。粗大ゴミを回収してもらうには、事前の申し込みが必要です。

1-2.30cmを超えるものは粗大ゴミ

杉並区では、一番長い辺が30cmを超えるものは粗大ゴミとして扱っています。衣装ケースはほとんどの場合で30cmを超えるため、粗大ゴミとして出す必要があるでしょう。杉並区で粗大ゴミを出すには、自宅近くまで回収に来てもらう方法と、自分で持ち込む方法があります。

2.衣装ケースを処分する前に確認すべきこと

衣装ケースを処分する前に確認すべきことややるべきことをまとめました。

2-1.粗大ゴミの回収を申し込む前にサイズを測る

衣装ケースを粗大ゴミとして出す場合、申し込みをする前にサイズを測っておきましょう。高さ・幅・奥行きをすべて測り、メモをしておいてください。申し込みの際にサイズを伝える必要があります。

2-2.ほかの活用方法はないか

不要になった衣装ケースをリメイクしてほかのことに活用できないか考えてみましょう。たとえば、分解してDIYの部品にする方法や、子供のおもちゃ入れとして活用する方法などがあります。意外なものとして活用できる可能性もあるため、処分する前に考えてみるとよいでしょう。

2-3.買取に出すことはできないか

衣装ケースの状態によっては買取に出すことが可能な場合もあるため、状態をチェックしてみましょう。買取価格は数百円程度となるのが大半ですが、「お金をかけて処分するより少しでもお得に処分したい」という人にはおすすめです。ほとんど未使用のものや、傷・汚れ・臭いがなくきれいなものは買取対象になる可能性があるため、試してみるとよいでしょう。

3.衣装ケースを処分する方法3つ

杉並区で衣装ケースを処分する方法には、以下のようなものがあります。

3-1.粗大ゴミの回収に来てもらう

まずは、粗大ゴミの回収を申し込んで自宅の近くまで回収に来てもらう方法です。電話またはインターネット・FAXで申し込みができます。申し込みの際に回収日時と回収場所・料金を確認し、料金分の粗大ゴミ処理券を購入しておいてください。衣装ケースの目立つ場所に粗大ゴミ処理券を貼り、回収日の朝8時までに回収場所へ持っていきましょう。

3-2.自分で持ち込む

自分で指定場所へ持ち込む方法もあります。「衣装ケースが多数あるので家の前に出しておくのが難しい」などの場合は利用するとよいでしょう。持ち込みの場合でも事前の申し込みが必要になります。受付センター(03-5296-5300)へ電話をし、指定されたとおりの方法で持ち込んでください。持ち込みを利用できるのは杉並区民に限り、持ち込みの受付は日曜日だけ行っています。

3-3.不用品回収業者に依頼する

引っ越しなどで衣装ケース以外の不用品が多数出た場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえるため、手間をかけずに衣装ケースを処分できます。不用品回収業者を利用する手順については次項でご紹介しましょう。

4.回収サービスを利用する場合

不用品回収業者のサービスを利用する手順は、一般的に以下のとおりです。

4-1.無料見積もりを依頼する

まずは、無料見積もりを依頼しましょう。ホームページのフォームから申し込みができる業者が多いため、チェックしてみてください。氏名・住所・電話番号とともに、回収を依頼したい不用品の品目や量などを入力して送信します。

4-2.訪問日時を決定し、予約する

無料見積もりの内容に納得できたら、訪問日時を決定し、予約します。訪問での見積もりには数時間かかるため、余裕のある時間帯に予約するとよいでしょう。

4-3.正式な見積もりを出してもらう

指定の日時に訪問してもらい、正式な見積もりを出してもらいます。内容に納得できればそのまま作業開始となるか、希望があればその場で別の作業日の予約を入れることが可能です。見積もり金額に納得できない場合は、この時点でキャンセルしてください。

4-4.実際の作業後、支払い

実際の作業開始となります。立ち合いの必要性については、事前に確認しておきましょう。作業完了後、支払いというのが一般的な流れです。

5.杉並区における衣装ケース処分に関するよくある質問

「杉並区で衣装ケースを処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.衣装ケースを粗大ゴミとして捨てる場合、料金はいくらでしょうか?
A.杉並区の場合、衣装ケース1つにつき400円の手数料がかかります。

Q.粗大ゴミの処理手数料が免除になる場合があるというのは本当でしょうか?
A.杉並区では、生活保護の受給者や児童扶養手当・特別児童扶養手当を受けている人などは粗大ゴミ処理費用が減額・免除になる場合があります。

Q.粗大ゴミとして出すことができないものもあるのでしょうか?
A.杉並区の場合、薬品類や消火器・車のバッテリーやタイヤ・土や砂などを粗大ゴミとして出すことができません。

Q.不用品回収業者を選ぶポイントにはどのようなものがありますか?
A.豊富な実績があるか・無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかなどをチェックしましょう。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴を教えてください。
A.所在地を明らかにしない業者や見積書に不明確な項目がある業者などは注意が必要です。また、突然訪問してきて不用品の回収を迫る業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

杉並区で衣装ケースを処分する方法について詳しくご紹介しました。杉並区では衣装ケースは粗大ゴミ扱いになりますが、状況によっては自治体以外の方法で処分したほうがお得な場合もあります。ぜひこの記事を参考に、ベストな処分方法を見つけてください。