衣類乾燥機の適切な処分方法は? 買取対象になる条件も一挙公開!


「衣類乾燥機を処分するにはどうしたらよいのか?」とお困りではありませんか? にはどうしたらよいのか?」とお困りではありませんか? 衣類乾燥機は頻繁に壊れるものでないため、いざ処分するとなると方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、衣類乾燥機の処分方法や買取対象になる条件などを詳しくご紹介します。

  1. 衣類乾燥機が粗大ゴミとして捨てられないのはなぜか?
  2. 衣類乾燥機の処分方法を紹介
  3. 衣類乾燥機の状態によっては買取へ
  4. 衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、衣類乾燥機を処分する際にかかる費用や買取業者の選び方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.衣類乾燥機が粗大ゴミとして捨てられないのはなぜか?

まずは、衣類乾燥機が粗大ゴミとして捨てられない理由について解説しましょう。

1-1.衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象品目

衣類乾燥機を自治体が回収する粗大ゴミとして捨てられないのは、家電リサイクル法の対象品目だからです。この法律の対象になるものには、衣類乾燥機のほかにも、エアコンやテレビ・洗濯機・冷蔵庫・冷凍庫などがあります。もちろん、分解して不燃ゴミとして捨てることもできないので注意してください。

1-2.何のための法律なのか?

そもそも家電リサイクル法とは、廃家電に含まれる資源を有効利用すると同時に、ゴミを減らすことを目的とした法律です。この法律ができるまで、家庭から出た廃家電はほとんどが埋め立て処分されていました。しかし、埋め立て地が減少してきたこともあり、家電をリサイクルする必要性が出てきたのです。現在、特定家庭用機器の一つである衣類乾燥機は、小売業者による引き取りと製造業者によるリサイクルが義務づけられています。

1-3.間違えやすい家電に注意

家電リサイクル法の対象となる家電の中には、間違えやすいものもあるので注意が必要です。たとえば、衣類乾燥機能付き除湿機はこの法律の対象外になります。また、テレビについても車載用やお風呂用のテレビなどは対象にならないので事前にしっかり確認しておきましょう。

2.衣類乾燥機の処分方法を紹介

衣類乾燥機を処分する方法にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

2-1.家電量販店に引き取ってもらう

処分したい衣類乾燥機を購入した家電量販店、または、新しい衣類乾燥機を購入する家電量販店に引き取りを依頼する方法です。リサイクル料金と収集運搬料金を支払って自宅まで回収に来てもらいます。収集運搬料金は店舗によって異なるため、事前に確認してください。

2-2.自分で指定取引場所へ持ち込む

自分で最寄りの指定取引場所へ持ち込む方法もあります。この場合は収集運搬料金がかからないため、できるだけお得に処分したい人におすすめです。全国の指定取引場所はこちらから検索可能なので確認してみてください。ただし、衣類乾燥機を自分で運搬する必要があるので難しい場合も多いでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

引っ越しなどで衣類乾燥機以外にも不用品が多数出た場合は、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。出張回収を利用すれば希望の日時を指定して自宅まで回収に来てもらえます。不用品を自分で分別したり運搬したりする必要がないため、手間をかけず一気に処分できるのがメリットです。

3.衣類乾燥機の状態によっては買取へ

状態のよい衣類乾燥機は買取に出して処分する方法もあります。

3-1.買取対象になる条件は?

買取へ出す前に、どんな条件の衣類乾燥機が買取対象になるのかを知っておきましょう。査定時にチェックされるポイントには、以下のようなものがあります。

  • 製造年式が新しいか
  • 動作に不具合がないか
  • 目立つ汚れや傷はないか
  • 有名メーカーのものか
  • 付属品はそろっているか

3-2.リサイクルショップや買取業者に依頼できる

衣類乾燥機の買取は、リサイクルショップや買取業者などに依頼できます。手軽に利用したいならリサイクルショップがおすすめですが、家電の買取に特化しているわけではないので買取金額は期待できないでしょう。その点、家電専門の買取業者は衣類乾燥機の価値や中古需要に詳しいため、相場を反映した金額で買取してもらえる可能性が高くなっています。

3-3.買取も依頼できる不用品回収業者がおすすめ

確実に処分したいなら、買取サービスも行っている不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。買取対象にならなかった場合は回収という形で引き取ってもらえるため、別の処分方法を考えずに済みます。エコアースでは不用品の回収と買取を行っているのでぜひチェックしてみてください。

4.衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

「衣類乾燥機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.衣類乾燥機の寿命は何年ぐらいでしょうか?
A.使用頻度や使い方にもよりますが、10年以上といわれています。

Q.衣類乾燥機のリサイクル料金はいくらですか?
A.メーカーごとに異なりますが、2,500円前後~の場合が多くなっています。

Q.衣類乾燥機をネットオークションで売ることは可能ですか?
A.もちろん可能ですが、大型なのでこん包や発送に手間がかかること・送料が高額になることなどデメリットが大きいのでおすすめできません。

Q.衣類乾燥機をできるだけ高く買取してもらうためのコツを教えてください。
A.きれいに掃除をする・付属品をそろえておく・動作確認をしておくなどです。

Q.不用品回収業者を選ぶ際は何をチェックすべきでしょうか?
A.豊富な実績があり、料金体系が明確な業者を選ぶべきです。また、廃棄物収集運搬業の許可を得ているか・見積書に不明確な点はないかなどもチェックしてください。

まとめ

衣類乾燥機の処分方法について詳しくご紹介しました。衣類乾燥機が不要になった場合、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることはできません。家電リサイクル法にのっとって処分するか、不用品回収業者に依頼するなどの方法を検討する必要があるのです。ぜひこの記事を参考に、衣類乾燥機をスムーズに処分してください。