厨房機器の具体的な買取方法や高額買取のポイントなどを詳しくご紹介


厨房機器は中古需要が見込めます。業務用厨房機器は新規購入費用が高いことから、中古状態が良好なものを探すケースが多いためです。不要になった厨房機器の処分を検討されている方は、買取に出すことを考えてみましょう。とはいえ、どんな買取方法があるのか、少しでも高く売るためにはどうすべきかなど、分からない点もあると思います。買取に出す際は、事前に確認すべきポイントや高額買取のコツなどを知っておきましょう。

  1. 厨房機器にはどんな種類があるのか?
  2. 厨房機器を買取に出す際に確認すべきこと
  3. 厨房機器を高く売るためのコツ
  4. 厨房機器を買取に出す方法
  5. 厨房機器の買取に関するよくある質問

厨房機器にはさまざまなものがあります。買取に出すことを考えている方は、種類なども把握しておきましょう。

1.厨房機器にはどんな種類があるのか?

まず、厨房機器の種類をご紹介します。

1-1.冷蔵庫・冷凍庫

冷蔵庫や冷凍庫は、厨房機器として周知されている製品です。家庭用とは異なり、容量が大きく、冷却能力が高いとされています。

1-2.シンク

シンクは、一層タイプと二層タイプなどの種類があります。スペースに応じて導入タイプを変えるケースもあるでしょう。一層タイプはサイズが小さめのものが中心ですが、横長で広々と使えるタイプもあります。

1-3.製氷機

製氷機は、厨房機器の中でも人気が高い製品です。容量もさまざまで、小さいものは25kg以下のタイプで、大きいものだと100kg以上の製氷能力を持つタイプもあります。

1-4.ショーケース

ショーケースは、商品を冷却した状態で保管できる製品です。対面式のショーケースは、カウンター代わりに使うことができます。ワインセラーなどもショーケースの1つです。

1-5.コンロ・ガステーブル

コンロは、ガスを使うタイプやIHタイプなどがあります。コンロによって口数が異なるため、規模などによって選ぶものが変わるでしょう。テーブル式のサイズが大きなものが厨房機器で使われることが多くなっています。しかし、狭小スペースに厨房機器を導入したいという場合は、卓上コンロを選ぶケースもあるでしょう。

1-6.食器洗浄機

食器洗浄機も厨房機器の1つです。乾燥機能が付属しているタイプもあります。食器洗いの手間を大幅に削減してくれるため、ニーズが高まっている製品です。

2.厨房機器を買取に出す際に確認すべきこと

厨房機器を買取に出す際は、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 確認すべきポイントをご紹介します。

2-1.状態

厨房機器を買取に出す際は、状態の確認をしっかり行いましょう。不具合・トラブル・動作不良などがないことをチェックし、マイナス査定になるのを避けることが大切です。

2-2.汚れや傷

厨房機器に汚れが傷があれば、簡単なお手入れをしておくといいでしょう。傷は補修が難しい場合があります。汚れは、掃除をしておくことで、見栄えをよくすることができ、買取価格が上がる可能性があるでしょう。できるだけ細かな部分まで掃除をしておくことがポイントです。

2-3.搬出経路

厨房機器を買取に出す場合、搬出経路を確保しなければなりません。事前にサイズを測っておき、スムーズに搬出できることを確認してください。

3.厨房機器を高く売るためのコツ

厨房機器を高額買取に結びつけるためには、どんなポイントを意識すればいいのでしょうか?

3-1.できるだけきれいな状態にしておく

厨房機器は食品を扱うことから、衛生面が重視されます。できるだけきれいな状態にしておき、査定時の印象をよくすることが、高額査定のポイントです。油汚れやカビなどはしっかり除去しましょう。

3-2.まとめて買取に出す

厨房機器は、まとめて買取に出したほうが、高額買取に結びつく可能性があります。1台ずつ買取に出すより、まとめ売りは諸経費なども節約できるのがメリットです。

3-3.不要になったら早めに手放す

厨房機器が不要になったら、早めに手放すことを考えましょう。年式が古くなるほど、厨房機器の価値は下落します。製造から8年が経過すると、買取価格がつきにくくなるので注意してください。

4.厨房機器を買取に出す方法

厨房機器の具体的な買取方法をご紹介します。

4-1.リサイクルショップ

リサイクルショップでも厨房機器の買取を行っている場合があります。ただし、厨房機器の専門知識が乏しい場合があり、適正価格での買取にならない傾向があるでしょう。また、査定時は持ち込みを要するため、厨房機器の搬出や運搬を自分で行わなければなりません。肉体的負担を考慮すると、ほかの方法を選択したほうがいいでしょう。

4-2.厨房機器買取専門業者

厨房機器の買取を専門に行う業者に依頼する方法があります。メーカーや製品の中古需要などを熟知しているため、価値をきちんと判断して買取価格をつけてもらえるのがメリットです。買取方法は業者によって異なります。業者のホームページで買取の流れなどをチェックしておきましょう。

4-3.不用品回収業者

不用品回収業者は、さまざまなものを取り扱っています。不用品の引き取りだけでなく、買取にも対応しているのが特徴です。厨房機器の買取も可能で、リサイクルショップより高値になる傾向があります。出張買取が基本で、運搬などの手間もありません。出張費用などの諸経費は、事前に見積もりで確認しておきましょう。無料見積もりの相談は、エコアースまでお問い合わせください。

5.厨房機器の買取に関するよくある質問

厨房機器の買取に関してよくある質問を集めました。

Q.個人売買で厨房機器を売却することはできるのか?
A.はい、できます。近年は個人売買が活発になっているため、手間と時間をかければ、厨房機器を希望価格で売却できるでしょう。しかし、発送方法などを事前にしっかり考えておかなければなりません。また、すぐに売れるわけではないので、急いでいる場合は不向きな方法です。

Q.厨房機器にサビがある場合、査定に影響はあるのか?
A.はい、あります。サビがあると、買取価格が大きく下がる可能性があるでしょう。普段から手入れをしておき、サビが発生しないよう注意を払うことが大切です。

Q.厨房機器の買取価格が上がる時期はあるのか?
A.特にありません。厨房機器は通年変わらず人気がある製品です。時期を選ばず、不要なものはできるだけ早めに手放しましょう。ただし、厨房機器の買取強化キャンペーンなどを行っている業者では、通常より高値で買取となる場合があります。

Q.厨房機器を買取に出す際、査定を受けると費用はかかるのか?
A.かからない場合がほとんどです。ただし、出張買取の場合、出張費用などがかかる業者もあります。利用する際は、業者の利用規約を確認してから依頼しましょう。

Q.買取業者を選ぶポイントは?
A.買取実績に着目してみましょう。買取実績が豊富な業者であれば、厨房機器の価値やニーズなども把握しているため、安心して依頼することができます。業者のクチコミや評価などもチェックし、信頼できる業者を見つけましょう。

まとめ

厨房機器は中古ニーズが高いため、不要になったら買取に出すことを考えてみましょう。買取に出す際は、確認すべきポイントや高額買取のコツなどを知っておくことが大切です。買取方法は業者によって異なるため、それぞれのメリットとデメリットを理解し、利用しやすい方法を選択しましょう。厨房機器は特殊な製品であるため、買取実績が豊富な業者に依頼する方法がおすすめです。