リラックスできる部屋の特徴は? 快適な部屋作りのコツを詳しく解説!


「リラックスできる部屋にしたいけど、具体的にどんなポイントを押さえるとよいか分からない」とお考えではありませんか? そんな方には、この記事がお役に立つことでしょう。自分の部屋で過ごしているのに、なぜかリラックスできず、疲れてしまうこともありますよね。心からリラックスできる部屋にするためには、どんな原因でリラックスできないかを突き止め、対処することが必要です。

そこで今回は、リラックスできる部屋について詳しく解説します。

  1. 部屋でリラックスできない原因は?
  2. リラックスできる部屋の条件は?
  3. リラックスできる部屋の作り方
  4. リラックスできる部屋に関するよくある質問

この記事を読むことで、リラックスできる部屋作りのポイントがよく分かります。リラックスした部屋にしたい人は、記事を読んでみてください。

1.部屋でリラックスできない原因は?

最初に、部屋でリラックスできない原因について見ていきましょう。

1-1.ものが多過ぎる

ものが多過ぎる部屋は、リラックスできません。視界に多くのものが映ることで、脳が情報を処理しきれず、無意識にストレスを感じるからです。特に、ワンルームなど狭い空間にたくさんのものが置いてあると、窮屈な印象になります。また、ものが多過ぎると風とおしが悪くなり、空気がよどんでしまうこともリラックスできない原因です。

1-2.ものが散らかっている

ものが散らかっていることも、部屋でリラックスできない原因になります。本来ならきちんと定位置に収納してあるべきものが放り出してあったり、まったく関係ない場所にあったりすると違和感を覚えるからです。また、ものが散らっていることで、移動しづらくなったり視界がゴチャゴチャしたりするのもいけません。

1-3.汚れている

汚れていることも、部屋でリラックスできない原因です。普段から掃除をしたりゴミを捨てたりする習慣がないと、部屋が汚れて居心地が悪くなります。特にキレイ好きでなくても、部屋が汚れていると無意識に気になるものです。テーブルがホコリっぽかったり、床にゴミが散らかっていたりするようでは、気分がスッキリしないのも自然なことでしょう。

1-4.空調管理ができていない

空調管理ができていないことも、一つの理由です。部屋が暑過ぎたり寒過ぎたりすると、部屋でリラックスして過ごすことができません。また、湿度が高過ぎたり低過ぎたりしても、心身の調子に影響があるものです。電気代を気にして夏場や冬場にエアコンを使わない、窓を閉めきったり換気扇を回さないでいたりすると、リラックスできる部屋とは真逆になってしまいます。

1-5.家具の配置やインテリアのカラーリングが悪い

家具の配置やインテリアのカラーリングが悪いために、部屋でリラックスできないこともあります。たとえば、背の高い家具を窓際に置いていると、圧迫感が強くなるだけでなく、日当たりが悪くなって室内が暗くなることもあるでしょう。また、原色を多用したカラーリングは刺激が強く、落ち着くことができません。洋服を選ぶのと同様にインテリアのカラーリングを選ぶと失敗しやすいので、注意が必要です。

1-6.家具や寝具が体に合っていない

家具や寝具が体に合っていないと、体に負担がかかってしまいます。単に価格が安いだけで選んだり人から譲ってもらったりした家具や寝具を使用していると、体に合わないことがよくあるものです。体に合わない家具や寝具を使用していると、リラックスするどころか、かえって疲れてしまいます。部屋にいてなかなかくつろげないと感じる人は、寝具や家具の見直しも必要でしょう。

2.リラックスできる部屋の条件は?

リラックスできる部屋の条件を、具体的に見ていきましょう。

2-1.スッキリ片付いている

リラックスできる部屋は、スッキリ片付いているのが特徴です。ゴミが散らかっていたり、ものが出したままになっていたりすることはありません。必要なものだけが定位置に収納してあり、使いたいときにすぐ取り出すことができます。スッキリ片付いていることは、快適かつリラックスして過ごすにの必要不可欠なのです。

2-2.衛生的

衛生的な部屋は、とてもリラックスできます。隅々まで掃除が行き渡り、ホコリや手あかなどの汚れが気ならない空間はとても快適です。衛生的な部屋は空気もキレイで、長時間過ごしても気分が悪くなったり頭痛がしたりすることなどもありません。心身共に健康でリラックスして過ごすには、部屋が衛生的であることが重要といえます。

2-3.圧迫感がない

リラックスできる部屋の特徴に、圧迫感がないことも挙げられます。たとえば、以下のような部屋は圧迫感がなく、リラックスして過ごせるでしょう。

  • 適度な広さがある
  • ものが多過ぎない
  • 背の高い家具を置いていない
  • インテリアのカラーリングが統一され落ち着いている
  • 必要なものだけが整理整頓されて収納されている

2-4.空調管理が行き届いている

空調管理が行き届いている部屋はとても快適で、リラックスできます。室温や湿度が適切なので、暑くて汗をかいたり寒くて手足が冷えたりすることもありません。また、空気の循環もよいので、すがすがしい気分でいられます。快適でリラックスできる部屋にするには、空調管理が重要であることが理解できるでしょう。

2-5.心身を休めることができる

リラックスできる部屋の条件に、心身を休めることができることも挙げられます。たとえば、いくらお気に入りのものに囲まれていても、足の踏み場がないような状態ではリラックスできる部屋には程遠いものです。反対に、足を十分に伸ばして座ったり寝たりすることができれば、心身共に深くリラックスできます。

2-6.自分の好きなものが置いてある

自分の好きなものが置いてある部屋は、とてもリラックスできます。好きな色の小物やキャラクターグッズなど、自分の好みに合ったものが置いてあるだけで心が癒やされるからです。そのほかにも、思い入れのあるものや記念写真など目にするだけで心が温かくなるようなものがあると、多少嫌なことがあっても気持ちを切り替えることができます。

3.リラックスできる部屋の作り方

リラックスできる部屋の作り方について、主なポイントを詳しくご紹介します。

3-1.こまめに掃除して汚れをため込まない

リラックスできる部屋を作るには、こまめに掃除して汚れをため込まないことが基本です。常にキレイな状態に保たれた部屋なら、気分よく過ごすことができ深くリラックスしやすくなります。1日数分程度でよいので、簡単にでも掃除をする習慣を付けましょう。ロボット型掃除機を導入し、留守中に床の掃除を行うのもおすすめです。

3-2.インテリアのカラーリングに気を付ける

リラックスできる部屋にするには、インテリアのカラーリングに気を付けましょう。一例として、以下のようなカラーリングが向いています。

  • ホワイト系:ホワイトを貴重にした清潔感のあるカラーリング
  • ナチュラル系:ベージュやライトブラウンなど木のぬくもりを感じさせる明るいカラーリング
  • アースカラー系:淡いグリーンやブラウン・ダークブルーなど落ち着きのあるカラーリング
  • モノトーン系:ホワイト・グレー・ブラックを中心とした都会的で大人っぽいカラーリング

なお、ビビッド系やモダン系など、原色などの強い色を多く使っているとリラックス効果が薄れます。場合によっては、圧迫感を覚えて息苦しい空間になってしまうので気を付けましょう。

3-3.目的に応じて照明を使い分ける

目的に応じて照明を使い分けることも、リラックスできる部屋作りに効果的です。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 日中はなるべく自然光を取り入れる
  • 夜間は間接照明を上手に使用する
  • 集中して作業するときなどは照度を上げる

部屋の照明は、明る過ぎると落ち着かないものです。自然光はレースのカーテン越しなどにし、夜間は間接照明なども使用し、本を問題なく読むことができる程度を目安に調整しましょう。

3-4.不用品を処分して物量を減らす

リラックスできる部屋を作るには、不用品を処分して物量を減らすこともおすすめです。部屋にものが多過ぎると、視界に余計な情報が入ってきて気が散ったり疲労したりする原因になります。まずは、部屋のものをすべて必要なものと不用品に仕分け、不用品を処分しましょう。不用品がなくなると、格段に収納しやすくなりスッキリと片付けることができます。なお、大量の不用品を処分するのは大変なので、信頼できる不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。当Ecoearth 不用品片付け東京ONLINEでも不用品の処分をリーズナブルな料金でお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

3-5.空調管理に気を配る

空調管理に気を配ることで、リラックスした部屋にすることができます。窓を開けたり換気扇を回したりし、こまめに換気をしましょう。こまめに換気をすることで、いつでも新鮮な空気を取り入れることができ、リラックスできる部屋になります。部屋の空気が汚れていると、体調不良になったりマイナス思考になったりなど、よいことがありません。スッキリした気分で過ごすためにも、積極的に空気を入れ替えましょう。また、適度な室温・湿度となるように調整することも大切です。

3-6.観葉植物を置く

リラックスできる部屋作りには、観葉植物を置くのも効果的です。観葉植物の緑色によって、視覚面でリラックス効果が期待できます。また、部屋の空気がキレイになる、育成を楽しむことができるなどの点もメリットです。観葉植物は、窓際に置ける小型のものから存在感のある大型のものまで、さまざまな種類があります。まずは、部屋の雰囲気に合わせて、好みの観葉植物を探してみるとよいでしょう。

3-7.お気に入りのものを置く

部屋にお気に入りものを置くことも、リラックスできる部屋作りにおすすめの方法です。お気に入りの雑貨やアクセサリー・趣味のコレクションなどは、目にするだけで心が癒やされます。たとえば、部屋の一角にお気に入りものだけを集めた場所を作るとよいでしょう。気分が落ち込んだりイライラしたりしたときに目をやると、うまく気分転換できるはずです。

3-8.自分の体に合った家具や寝具をそろえる

リラックスできる部屋にするには、自分の体に合った家具や寝具をそろえることも忘れないでください。在宅時間の多くは、イスやソファーに座ったりベッドに寝ていたりするはずです。そのため、自分の体に合った家具や寝具をそろえることがポイントになります。部屋にいると何もしていないのに疲れる、十分に寝ているはずなのに疲れが取れないといった人は、検討してみるとよいでしょう。

3-9.アロマオイルを使用する

好みのアロマオイルを使用し、心地よい香りに包まれるのもよい方法です。心地よい香りに包まれると、心身共にリラックスできます。リラックス効果の高いアロマオイルには、以下を参考にしてください。

  • ラベンダー
  • ジャスミン
  • カモミール
  • ベルガモット

また、販売店独自のオリジナルブレンドでリラックス効果が高いものを試してみるのもよいでしょう。ただし、乳幼児やペットがいる場合、アロマオイルの成分により悪影響を受けることがあるので注意してください。

4.リラックスできる部屋に関するよくある質問

最後に、リラックスできる部屋に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.部屋が広いほどリラックスできる?
A.一概にはいえません。人によっては、部屋が広過ぎることで孤独を感じ、落ち着かないというケースもあります。

Q.部屋でリラックスできないためか寝付きが悪いのですが?
A.ぐっすりと眠るためには、適度な暗さと静かさがポイントになります。また、スマホやパソコンを見過ぎると寝付きが悪くなるので、寝る直前まで見るのはやめましょう。体の汚れを洗い流し、心身の疲れを癒やすためにも、布団に入る2時間前に入浴してゆったり過ごすことをおすすめします。

Q.リラックスできる部屋に整えたはずなのに今一つしっくりこないのですが?
A.人によって、リラックスできると感じる条件が微妙に異なるため、よかれと考えて整えても今一つしっくりこないこともあるでしょう。まずは、部屋を隅々まで見渡し、違和感のある点を改善してみてください。試行錯誤を繰り返すうちに、ベストの状態に近づきます。

Q.ワンルームでもリラックスできる部屋作りは可能?
A.可能です。ただし、ワンルームは部屋が狭いため、なるべく明るくて広い空間を演出するように気を付けましょう。必要最低限のものだけを配置し、インテリアをナチュラルカラーなど明るめのカラーリングでまとめるとよいでしょう。

Q.賃貸物件をリフォームしてリラックスできる部屋にしてもよい?
A.まずは、貸し主の許可を得てください。リフォーム費用を自己負担した場合でも、貸し主に無断で進めると契約違反と見なされて退去を迫られることがあります。

まとめ

今回は、リラックスできる部屋作りのポイントについて詳しく解説しました。リラックスできる部屋に整えるには、部屋の不用品を処分してスッキリ片付ける、こまめに掃除して汚れをためない、空調管理をきちんと行うなどの方法があります。自分の体に合った家具や寝具を用意することも、リラックスできる部屋作りに欠かすことができないポイントです。また、家具の配置やカラーリングに気を付けたり、好きなものや観葉植物を置いてみたりするのもよいでしょう。まずは、この記事の参考にしてリラックスできる部屋作りをしてみてください。なお、部屋の片付けで出た不用品の処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。